山村邸地図

山村邸と西村邸

Sponsored Link


私が銀行の営業担当者として初めて山村邸に訪問したのは、ちょうど山村美紗さんが亡くなられて1周忌が終わった直後でした。(1997年)

東山区清閑寺霊山町(りょうぜんちょう)の豪邸は正面がガラス張りで通りがかりの観光客が表から中が見えるように設けてありました。
正面の広い部屋には真ん中に美佐さんのお気に入りだった真っ白のグランドピアノが置いてあり、壁には美佐さんが存命中に執筆された小説が1冊も欠けることなく並ぶ本棚が隙間なく置かれ、ピアノの周りや上にも所狭しと白い蘭の花が飾られています。

左奥のドアの先に応接間があり、そこで月2回ほど、ご主人の巍(たかし)さんと雑談をしていました。

いつもお手伝いのおばあさんが紅茶と巍さんが、毎朝散歩の途中で買って帰られるケーキをご馳走して頂くのですが、私はコーヒーが好きでケーキは苦手でした。
で数ヶ月後にはケーキの代わりに石塀小路の阿月のどら焼きに毎回代えて頂くことに成功しましたが、コーヒーはだめでした。

山村邸の北隣りに西村京太郎さんの邸宅があります。
日本ミステリー界の重鎮で、「日本一稼いでいる作家」ともいわれる西村邸は、表通りから見ると別棟のようですが、奥は渡り廊下で繋がっていて山村邸からは、京太郎氏の部屋へ自由に行き来できる構造になっているそうです。

世間の噂では西村氏と美佐さんと夫の巍さんとの三角関係が取り沙汰されて紅葉さんは誰の子?なんて噂になっていますが、その前に西村氏とその妻の瑞江さんと美佐さんとの三角関係があったようです。

華の棺 西村京太郎

瑞江さんは西村邸の通いの秘書をしていて、美紗さんが亡くなってから、瑞江さんと結婚し、京都から神奈川県・湯河原へ引っ越されますが、京都時代には瑞江さんが、美佐さんと西村氏を支えていたということで美紗さんとも仲が良く、当然2人の関係は知っていたそうです。

しかし、西村氏は美佐さんが存命中に西村邸を贈与してられ、美佐さんが亡くなってから『思い出の場所として持っておきたい』と、購入時よりも高額で買い取ると美紗さんの夫、巍さんに提案したそうです。
結果断られたそうですが、さすがに瑞江さんにとってこれは面白くないでしょう。

また紅葉さんは西村氏が美佐さんに求婚して断られた時にもう既に巍さんと結婚してられ紅葉さんも生まれていたので巍さんの子供に間違いないと思います

山村美紗・山村 巍・山村紅葉さんの経歴

山村美紗さんは、京都大学名誉教授の父を持ち、京都府立大学文学部国文科を卒業後に京都市立伏見中学校で国語教師として教職に就いており、そこで立命館大学卒で数学教師だった巍さんと結婚。
ですから文壇に上がられる前に結婚されていました。

山村紅葉さんは、京都教育大学附属幼稚園、小学校、中学校、高校を経て、1985年に早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。1984年に国税庁国税専門官試験に合格し、卒業後、一旦、女優業は引退して大阪国税局に勤務し、国税調査官として働いておられました。


もう一つ私が前から気になっていたのは、山村邸の真向かいにグランフォルム清水別邸という名前の3階建ての真っ白の高級マンションの1階を美佐さんが買ってられますが、美佐さんは東京帝国ホテルの個室を貸切にして執筆活動をしてられたのに、誰も利用していないマンションを一体何のためにと何時も気になっていました。


巍さんは毎週、白い蘭の花で美佐さんの部屋を飾り、また当時70歳位になられてから絵画の道に進まれて美佐さんの肖像画ばかりを描いておられます。

一方、私が銀行の担当から外れてから39歳も年下の女性と再婚されています。

また紅葉さんは美佐さん原作のドラマには必ず出演されてますが、西村氏の原作ドラマにも必ず出演されます。

あまりのミステリーに包まれ過ぎたこの5名の間に完全に割り入ることは、誰にもできないと思いました。

 

不思議w  紅葉さんが、2017年東宝カレンダーに初登場!

“2時間ドラマの裏女王”ともいわれた山村紅葉さん(56)が2017年のカレンダーに初登場しました。

まさにミステリーですね・・・

 

山村紅葉

東宝カレンダーといえば、毎年超人気の若手女優か、映画で主演を演じ前年ブレイクした女優をセレクトするのが、普通だったのですが・・・

本人曰く

自分でも未だに信じられません。いつ『ドッキリ』の報告があるのか、見本のカレンダーが出来てくるまで信じられませんでした。
全て「紅葉さんの着物を」ということだったので、全部自前の着物で揃えました。(自前の着物は500枚あるそう)
11月の上の写真の撮影の時は、『ドッキリ』の看板がどこから出てくるのかビクビクしながらの撮影でした。
亡き母も40を過ぎてから一流の作家として認められましたし、私の晴れ姿を喜んでくれているでしょう。

上の撮影場所は京都で最もベタな場所の勝利摩利支尊天を少しずらして、一筋北側の東大路通から撮っているようです。

来年もドラマにバラエティにと張り切ってがんばってください!


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ