橋本愛の性格が悪い?女優魂って?

Sponsored Link


橋本愛

橋本愛が2016年6月 第5回観光映像大賞(観光庁長官賞)の授賞式が東京都内で行われ、出席。
故郷、熊本県を舞台にした主演短編映画「うつくしいひと」(行定勲監督)が大賞を受賞しました。

今回は橋本愛さんについて調べてみましょう。

名前 橋本愛(はしもとあい)、ファッション・女優

生年月日 1996年1月12日(20歳)

出身地 熊本県熊本市、 ソニー・ミュージックアーティスツ所属

血液型 O型

身長 165cm

熊本市内の公立中学卒(バトミントン部)、上京して日出高校卒、大学には進学していません

趣味は漫画(主に少女漫画)、サイクリング

2008年 三姉妹の中で一番顔が濃いという理由で、ミーハーな母が応募したニューカム『HUAHUAオーディション』でグランプリを受賞し芸能界デビュー
同年開催された『第33回 ホリプロタレントスカウトキャラバン』では最終候補に選ばれるも、受賞は逃す。

2009年 女性誌『Seventeen』でグランプリ最年少で選ばれる。映画『Give and Go』で初主演。

2010年 映画『告白』に出演し、重要な役どころを演じて注目される。その後多くの主役を務め『貞子3D』で再び注目を集めた。

2013年 映画『霧島、部活やめるってよ』などの演技が評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。
同年 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演。年末の紅白では能年玲奈さんと『潮騒のメモリー』を歌う。

2014年 『Seventeen』の専属モデル卒業

2015年 主演映画2作『リトル・フォレスト』『ワンダフル・ワールドエンド』が、第65回ベルリン国際映画祭で上演され、海外の映画祭に初めて参加する。

素晴らしい経歴なのですが、愛さんが注目を浴びるきっかけとなった『告白』や『霧島、~』に出演したころは、楽しいと感じられず、たまたま作品に恵まれて流れに乗れただけであって、女優を続けていく気はなかったそうなんです。
しかし、石原隆監督の『人が人を愛することのどうしようもなさ』のDVDを見てひたすら泣いたのを機に映画を観ることが好きになり、古い作品やポルノ映画などを漁るように見出してからは、映画史を汚さないよう、いい映画を残したいと思うようになった。 と述懐しています。

2016年10月 上映中の橋本愛✕宮崎あおい映画『バースデイカード』では、10歳の時に亡くなった母から、毎年届く娘へのバースデイカード。手紙を通じて成長していく紀子と家族の愛の物語だ。と女性セブン11月3日号でも絶賛されています。

橋本愛・宮崎あおい

Sponsored Link


そんな愛さんなのでテレビのバラエティ番組やドラマすらもほとんど出演することはありません。
ネット上で『橋本愛は性格が悪いので、テレビからは干されている』等の話題が尽きません。
確かにドラマはNHK朝ドラの『あまちゃん』以降の出演は記憶にありません。

でもこれは、愛さんの方から❞ドラマのオファーを全て断り、映画の撮影中心にやってきた❞からなのです。

クールな見た目のため誤解されることもありますが、そこがまた愛さんの魅力でもあります。
演技、その美貌ともに評価が高いことは間違いありません。

また、熱愛報道も絶えない女優だった

何とお相手はNHK朝ドラ『あまちゃん』で共演した俳優落合モトキさんでした。
『あまちゃん』放映中のスクープとあって、事務所側も大激怒だったそうです。視聴者へのイメージダウンもひろがりました。
お泊りデートだったようです。当時 愛さんは17歳で未成年W
そして破局❢
その3ヶ月後には俳優の綾野剛さんとのデートが報じられました。
31歳と17歳のカップルWW

落合モトキ綾野剛

『2人はライスプレートを』注文していました。音楽が途切れてきこえたのが、綾野さんが彼女を”愛ちん”と呼んでいたそうです。

それにしてもバッチリ撮られすぎじゃないですか。まぁ元々アイドル路線で売っていないからダメージも少ないでしょう。

こういう報道に乗る大衆が業界を悪くする。恋愛もできない女優なんかいらないでしょう。

しかし恋多き女性なんだ。

愛さんは『まんま』『飾らない』人だと思います。
年頃の女の子なので太ってしまうこともあるでしょう。『お昼にラーメン食べて、夜にはピザとパスタ、間食でパン7個食べた』って平気で言ってます。

彼女は芸能界ズレしていない。無理してでもこの世界で生き残ろうとは思っていなさそうです。で、テレビやドラマには余り出ない。
感じたままボソボソ話す。リップサービス、愛想、おべんちゃらを言わない。相手のことを気遣ったり、自分を飾ったりしない。

一頃 ロマンポルノに凝ったり、激ヤセ・激太りしてみたり、今を生きる『二十歳の女性』の素直で素朴な、ありのままの姿が見えてきます。

今年2016年は映画5本の出演が決まっています。

来年5月には『美しい星』の出演が決まっている売れっ子女優さんです。

これからも自由奔放に活躍してください❢

Sponsored Link


 

 

 

こちらの記事もどうぞ