Fan Bingbing

カンヌ審査員として世界が注目した女優ファン・ビンビンとは

Sponsored Link


第70回カンヌ国際映画祭で

グランプリの「金獅子賞」を争う

コンペティション部門の審査員に

選ばれたことでこれまで以上に

世界的に注目を浴びた女優

ファン・ビンビン(范冰冰)をご存知でしょうか?

范 冰冰(范氷々、ファン・ビンビン、Fan Bingbing )は、中国山東省青島市出身の女優

1981年9月16日生の35歳

身長は168cm、体重52kg、81-61-84cm、Cカップ

彼女は2010年のカンヌ国際映画祭の頃から、すでに注目の女優でした。

私は韓流と中国映画については疎いのですが、「2010年から2011年にかけて放送された、サントリー ウーロン茶のTVCMに登場した美女」と聞けば記憶にあります。

自然体な表情で、小籠包やカレーライスをたらふく頬張るキュートな姿に、虜になってしまった男性諸氏も多いのではないかと…

日中合作映画『墨攻』に出演し、2007年の日本公開時には来日も。それもあってか日本でも、徐々に知名度を上げていきました。

代表作は2016年公開の『わたしは潘金蓮じゃない』。中国映画はあまり詳しくない…という方であれば、『X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション』で登場した人や物をテレポートさせる能力をもつミュータント、ブリンク役を演じていた女優が、彼女なのです。

カンヌでのハプニングもお手の物

そんな中国を代表する女優のひとり、ファンでなくてもビンビンになる彼女は、2017年5月17日に審査員としてカンヌ国際映画祭に参加。これまで以上に世界中のメディアで、その美しさが注目されることに。そんなカンヌにて、今年の豪華な審査員の顔ぶれを紹介する場面で、思わぬ(とっても可哀想な…)ハプニングが…。

司会者がビンビンの代表作について、映画『お嬢さん』と紹介してしまったのです。この作品は(世界的に非常に評価が高い数々の作品を世に贈り出している)パク・チャヌク監督による2016年の韓国映画であり、もちろんファン・ビンビンは出演していないのです。

その後、司会者は訂正していますが…

そんなとても気まずい雰囲気のなかでも、笑顔で手を振っていたビンビンは、さすが一流女優!

彼女が出演作を携えてカンヌに乗り込んだのは、2010年の『重慶ブルース』から。いまや、カンヌのレッドカーペットにおいては常連となっています。どんなハプニングでも、お手の物ということなのでしょう。

ファン・ビンビン
ファン・ビンビン

米誌フォーブスが発表した「世界で最も稼いだ女優」(The Worlds Highest−Paid Actresses 2016)で5位にランクイン。推定年収は1700万ドル(約17億円)とされるお金持ち女優です。

バラエティ番組出演のギャラは1分間で117万円と超高額!!

Sponsored Link

俳優リー・チェンとの結婚はまだ?

過去にインタビューで、女優たちが次々に富豪をゲットして結婚する現状について、「私はしない。だって私が富豪だもの」と豪語し話題になった。しかし、結婚秒読みとされるお相手のリー・チェンも、実は負けず劣らずの富豪だったと報じられたことで、世間の関心が高まっているのです。

ファン・ビンビン&リー・チェン
ファン・ビンビン&リー・チェン

リー・チェンについて、このほど中国メディアが「隠れ富豪」だと一斉に報道。資産総額は10億元(約150億円)以上で、愛車は半年ごとに買い替え、北京と上海だけでなく、ドバイにも不動産物件を所有していると報じられています。

2015年ヒットしたファン・ビンビンの主演時代劇ドラマ「武媚娘伝奇」で共演したのをきっかけに交際へと発展した。2015年5月29日、双方が中国版ツイッターでツーショット写真を公開し、恋人関係を認めた。その後、インタビューでファン・ビンビンがリー・チェンを「人生最後の恋人」と語るなど、順調な交際を続けており、最も結婚に近いビッグカップルと言われています。

この報道について、リー・チェンの個人事務所が声明文を発表。「内容は憶測ばかりであり、何の根拠もない」として報道内容を否定。「非常に無責任な行動」と、このニュースを伝えたメディア各社を批判しています。

実情は私達が知る由もないといったところでしょう。

ファン・ビンビン

ファン・ビンビン


ファン・ビンビンは整形してる?

その華やかな美貌が世の女性の憧れの的になっているファン・ビンビン。

2017年3月10日ネット生中継でファンと触れ合ったが、あるファンから「美容整形の経験は?」と、直球すぎる質問が飛んだそうです。

これに対してファン・ビンビンは、「私に美容整形は必要ないと思ってる」ときっぱり。自分の美しさに絶対の自信を示しています。

美容整形を拒否する理由は2つある。1つは、「両親からもらった顔にメスを入れるのは申し訳ない」と思っているから。もう1つはやはり美貌への確かな自信で、「うまく生んでくれたと思っている」と、両親への感謝も口にしています。

とは言え、長い人生の間には、「今の決意が揺らぐこともあると思う」と素直に語っている。もしも現在の姿を維持できなくなったら、そういう考えが芽生える可能性も否定していない。ただし、痛みに弱いタイプなので積極的には決断できないと言っています。

スッピン画像はこちら

いやはや久方ぶりに本物の”美人”ってのに出会いました 💖

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ