Sponsored Link


小嶋陽菜

AKB48”こじはる”小嶋陽菜

 

小嶋陽菜(こじまはるな) 女優・アイドル・ファッションモデル
ニックネーム:こじはる
1988年4月19日生(28歳) プロダクション尾木所属
身長:164Cm 血液型A型 80-60-86
AKB48チームAメンバー

 

埼玉県さいたま市出身(実家は南小谷駅から徒歩15分
川越東中学→県立大宮武蔵野高校2年で中退→大宮中央高校(通信制)

 

こじはるは、2,000年12月にBS朝日『Hara juku ロンチャーズ』に4年近く出演していた。
(当時はスターダストプロモーションに所属)

 

2,005年『AKBオープニングメンバーオーディション』に合格(合格者24/7924名)
AKB48 劇場グランドオープンの舞台に立つ。

 

2,006年 AKBとしてシングル『会いたかった』でメジャーデビュー
2,007年 『山田太郎ものがたり』でドラマ初出演
『コインロッカー物語』でドラマ初主演
2,008年 高橋みなみ、峯岸みなみとユニット『ノース リーブス』結成

 

 

グラビア誌に多く掲載され、その抜群のスタイルと美貌、甘い声で男性ファンの心を掴む
女性誌のsweet、an・an、MAQUIA などに度々登場し「こじはるが表紙を飾ると売上が上がる」
といったジンクスがあるほど女性軍からの人気も止まらないという。

 

こじはる AKB卒業!

そんなこじはるも28歳
AKB48最年長メンバーとして不動のセンターと呼ばれた前田敦子を筆頭に
大島優子・篠田麻里子そして高橋みなみまでも・・・
自分より一回り以上若い子たちが毎年どんどん選抜入りして来る。
今やAKB48グループは世代交代の時といわれています。

 

2017年2月22日(にゃんにゃんにゃんの日)、国立代々木競技場第一体育館で卒業コンサートを開催することを発表。
合わせてコンサートのタイトルが「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」に決まったことを明かした。

 

今後は子供では出せない大人の魅力でファンを虜にしていってほしい!


 

 

Sponsored Link


肌の劣化なんてあるの?

こじはるは、アラサーになった今でも中高生メンバーも多いAKB の中心人物
として頑張ってきた。
グラビア、インスタグラムでは抜群の人気を誇る彼女の肌も、
劣化の声が大きくなっています。

若い頃の彼女と比較してみます。

小嶋陽菜 赤ちゃんのこじはる

この頃からもう面影がります。可愛い!

小嶋陽菜 2歳のこじはる

なんかもうアイドルっぽいオーラが・・・。あまり活発に外で遊ぶタイプではなかったようです

小嶋陽菜 10歳のこじはる
スタイル良いですね。このころからおしゃれに目覚めたようで、スターダストプロモーションに所属していたという意外な過去も。「このころが一番のモテ期だった」とこじはる自身も語っています。これでモテないはずがないですよね。  
小嶋陽菜 18歳のこじはる(2006年)
メジャーデビューシングル「会いたかった」の時の写真ですが、めっちゃ可愛い。隣は卒業生の大島麻衣さん
小嶋陽菜 18歳のこじはる(2006年)
しゃべり方が甘ったるくて自分のことを「はぁな」と呼んでいる頃のこじはる!
小嶋陽菜 19歳のこじはる(2007年)
まだまだ制服も余裕ですね・・・❤
小嶋陽菜 20歳のこじはる(2008年)
このときのこじはるは今のむっちりした感じがなくてスレンダーですね。
小嶋陽菜 21歳のこじはる(2009年)
10年桜の時のこじはる
小嶋陽菜  22歳のこじはる(2010年)
ニーテールとシュシュの時のこじはる
小嶋陽菜 23歳のこじはる(2011年)
違和感なくツインテール
小嶋陽菜 24歳のこじはる(2012年)
真夏のSounds good!の時のこじはる。だいぶ今のマシュマロボディ感が出てきましたね。顔もだいぶ大人ぽくなっています
小嶋陽菜 25歳のこじはる(2013年)
こじはる初単独センター曲のハート・エレキの時。

握手会での塩対応について

昨年、彼女に「卒業」と「最年長」は、本人の中では一番反応しない禁句でした。

その中で握手会での小嶋陽菜の対応がこれまでと違って、急に塩対応になったと、

騒がれており、心配していましたが、1ファンのコメントで安心しました。

 

小嶋は、もともとはすごく握手対応がよく、
どうでもいい話題でも嬉しそうに対応してくれていました。
認知をもらったので、タメ口で話すようにもなりました。
それが、昨年の3月あたりから、突然、塩になりました
それ以前は、
風邪で体調を崩した時にローテンションだったりすることも
ありましたが、
その日はメチャクチャな高熱を出しても点滴を打って劇場公演に出て、
その翌日に、
本来は体調不良のために中止しますぐらいな体調なのに、
握手会をまる一日やってくれるほどにファンの事を第一に考えています。
それが、本来の、小嶋陽菜です。
その小嶋が、突然、塩になったんです
本当は、芸能人であれば、自分自身の人気が一番であって、
卒業後の印象も大切ですから、
卒業するからと言って塩対応になるという事はあり得ません
小嶋陽菜は、あえて自分のファンを減らしても
AKBのファンを減らしたくないという強い思いがあるのだと、
推しをそれなりに長くやってきた立場からすると、
なんとなく感じ取る事ができるのです。
実は、小嶋陽菜は、天然ボケみたいな態度を取っていますが、
すごく頭の回転が早く、一つの結論を出したら、
徹底的に実行する強い意思を持った人です。
今の小嶋陽菜が塩対応なのは、
自分達初期メンバーに偏った人気を
覆してから卒業しようという事です。

小嶋陽菜の卒業反対は、AKB48全員一致というのもわかりますね。
独立されても応援します。

頑張ってください!


Sponsored Link

 

 

こちらの記事もどうぞ