ほないこか

ゲス極の美人ドラマー『ほないこか=さとうほなみ』黒革の手帖で女優デビュー!

Sponsored Link


 東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)に、正行員として入社する社員を演じる。
大手取引先の娘で、いわゆる“コネ入社”だが、派遣社員を馬鹿にした態度を取り、原口らと対立するのです。

さとうは「とても有名な作品なので、冗談かと思うほどうれしかったです」と大喜び。「役柄的に周りをかき乱す役なので、人をどのようにしたらムカつかせられるか、毎日、鏡を見て勉強しました」と演技を猛特訓し撮影に臨んだ。
「普段、バンドでドラムを叩くときは力を抜いて、大きな音を出すことを心がけておりますが、セリフは声量の強弱のコントロールが難しい」と振り返っていました。

さとうほなみ

ほないこか(別名義:さとう ほなみは、ドラマー、ミュージシャン、女優、タレント。ゲスの極み乙女のドラムス担当。女優業のマネジメントはオスカープロモーション。既婚。

本名:佐藤穂奈美  (さとうほなみ)

生年月日:1989年8月22日

年齢:27歳

出身地:東京都

身長:165cm

所属バンド:ゲスの極み乙女。マイクロコズム

ほないこかは女優業が初めてではなかった

小学館開催の「2002年ちゃおアイドルガールコンテスト」では審査員特別賞を、
また同年の映画「スワンズソング」のキャストオーディションではグランプリを受賞しています。

ほないこか

ベッキーと川谷さんの件があってメンバーに飛び火してしまって旦那がいることがわかったようでほないこかさんが既婚者だということを週刊文春が報じました。

でも旦那については詳しく判らず、the chef cooks meというバンドのドラム担当の飯島拓也さんではないかと言われていますが、噂の出処が不明であり信憑性は全くありませんでした。

バンドのアイドル的存在のドラマーが既婚と判れば、バンド生命にも関わる大事件なのです❢

問題となるのがファン離れです。ただでさえ川谷に嫌気がさしてファンを辞めた女性がいるのに、今度は『川谷ばかりか彼女まで!』とほな推しだった男性ファンも離れる恐れがあります。今月からのツアーはほとんどの会場がソッカン(即日完売)ですが、今後は集客が難しくなるかもしれません」

例えば『陰陽座』というヘビメタ・ビジュアルバンドがいます。ヨーロッパツァーもこなしているビックなバンドです。
そこの紅一点のメインボーカルである『黒猫』とリーダー『瞬火』=またたびは、いまだに兄弟と信じられています。
私は彼らの叔父と同じ職場で仕事をしていて、いつも二人のことを聞かされていました。
叔父さんは芸能関係には全く無関心で、デモテープを新曲が出るたびにいつも二人が届けにきてくれる話を嬉しそうにしていました。
しかしそれを聞いた私が他に公表することはできません。


今年7月9日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演しました。
そして“ほな・いこか”命名のエピソードやバンド・ボーカル、川谷絵音について語りました。

ほな・いこか”という名前は川谷によってつけられ、しかも、メールでそれを知らされたのは入稿した後の事後報告だったそう。当時は「関西出身でもないのに……」と納得がいかなかったといい、今でも「正式に気に入ってはいないです」と名前について本音を吐露していました。

ゲス不倫事件も事務所から聞かされ、帰りにコンビニで週刊誌を見てはじめて”これはヤバイ”と初めて知ったそうです。

Sponsored Link

ドラマ『黒革の手帖』について

ドラマ「黒革の手帖」は、1980年6月、松本清張さんの小説を原作にした作品です。

松本清張史上最強の悪女の物語と言われているそうですね。

銀行から1億8000万円を横領した原口元子(武井咲)。

このお金を使って銀座にクラブをオープンしたのです。

この原口元子(武井咲)を中心に物語は動きます。

人間の愛や欲望が描かれている作品です。

かつての伊藤素子の事件のように、男に貢ぐ為に銀行のカネを横領すれば、すぐ逮捕されてしまいます。

そこで原口元子は、銀行が得意先と示し合わせて契約した架空名義預金をセッセとしかも克明に『黒革の手帖』に記載していたのです。

現在では、信用組合や農協などはイザ知らず、銀行と名前のつくところでは、もうやっていないであろう架空名義預金も1980年頃にはあったのですねぇ。
わたしの務めていた頃もありました。

架空名義預金=B預金と言われB預金台帳に密かに記載して、店内に隠し持っていました。
それでもヤバイと感じる先については、役席が個人で管理していました。

顧客は隠し資産の売却益や・・・要は脱税の為の隠し口座であり、銀行にとっては脱税幇助の罪になるものですね。

原口元子は派遣社員として銀行に勤務し、夜にはクラブのホステスをして亡くなった親の借金をやっと完済します。
そして銀行のカネ180百万円を横領して、問い詰められると逆に『黒革の手帖』を公表すると脅し
横領の事実を不問にすることに成功し、まんまと銀座のクラブを開業するのです。
またそれだけでなく、”手帳”に記載のある顧客とも接触し”手帳”をネタに、自分の妨げになるものを、排除していくのです。
悪徳医者に30年という生涯を捧げてぶざまに捨てられようとしている愛人であり医院の経理担当者である中岡市子(高畑淳子)を助けたり、逆にウマく利用したりとなかなか面白い展開です。

高畑淳子さんも本格復帰を狙い、怖いほど迫真に迫った演技が見れます。

『黒革の手帖』は

1982年に山本陽子さん主演で、テレビ朝日系列で連続ドラマとして放送されました。

この時の平均視聴率は17.4%。

最高視聴率は18.6%の高視聴率を叩き出しました。

その後2004年に米倉涼子さんを主演に迎え、「黒革の手帖」が再び甦ります。

その際は、平均視聴率15.7%。

最高視聴率は17.7%と、2回目であるにもかかわらず大人気ドラマとなったのです。

そして今回2017年

前回主演を務めた米倉涼子さんと同じ事務所に所属している武井咲さんが主演となり、再び放送されることになったのです。

松本清張さんの作品は初挑戦となる武井咲さん。

どんな悪女っぷりを見せつけてくれるのでしょうか。

明日2017.07.31が第3回目です。

Sponsored Link

 

 

こちらの記事もどうぞ