光宗薫

超美人・神コレグランプリの『光宗薫』は元AKB研究生だった

Sponsored Link


光宗 薫(みつむね かおる)は1993年4月26日生まれの23歳
女優、ファッションモデルであり、AKB48の13期生元メンバー
愛媛県生まれ大阪府育ち
フレイヴ エンターテインメント所属

身長 168cm  82-61-82のナイスバディです

光宗薫

中学時代に両親の離婚という情報があります
高校は枚方市の長尾谷高校に通学していたようです

長尾谷高校
長尾谷高校

マップ

長尾谷高校は通信制の高校で、昼間は大阪日本橋のメイド喫茶「めいどるちぇ」で働いていました。

メイド喫茶「めいどるちぇ」

2011年3月に神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞。同年4月、グランプリとして出演した「神戸コレクション 上海公演」では、のちに加入することとなるAKB48の派生ユニット「DiVA」のメンバーと同じステージに立ちました。

光宗薫

その後モデルの道には進まず、2011年12月8日にAKB48劇場で開催された『AKB48 6周年記念公演』でAKB48の13期生としてお披露目されました。

2011年12月20日に開催された「AKB48紅白対抗歌合戦」では13期生として唯一の出演を果たし、チーム4の島崎遥香・山内鈴蘭とともに「ハート型ウイルス」を披露した。劇場公演デビュー前から週刊誌の単独グラビアやCMに出演し、メディアなどで「異例の抜擢」と評されていました、
2012年4月期のTBS系『ATARU』で連続ドラマに初出演

かしこれからという時に体調不良で同年8月24日 – 26日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』公演への参加を辞退し、正規メンバーへの昇格並びに新体制移行後のチームKに配属を断ることになった。

2012年11月24日に、自身初主演の映画『女子カメラ』が公開された

その後しばらくは表舞台に立つことはなかったが、2013年9月上映の『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』で女優業を再開しました。

2013年10月には大阪ギャラクシーギャラリーにてボールペン画個展「スーパー劣等生」を開催し、アート界から
大絶賛されました。

昨日(2017.03.02)のプレバト才能ランキングでの水彩画で特待生3級から2級に昇格!!

光宗薫の病気とは

わずか1年でAKBを辞めざるを得なかった光宗薫さんの病気についてさまざまな噂が出ました。
癌、拒食症、黄疸、メンヘラ・・・いろいろ心配の声が出ている中

『踊る!さんま御殿!!』で本人曰く食に興味がなく「本当に動物園のゴリラと同じ食生活してて、りんご1個とか」しか食べていないのだという。さらに食べるのはキャベツやりんごのように調理せず生で食べられるものだけ。冬は使わないために冷蔵庫の電源も切りっぱなしなのだという
手や肌が黄色いって言われていることからも、栄養失調による黄疸の症状じゃないでしょうか。

光宗薫10月より活動休止宣言!

光宗さんは2017年9月21日、自身のtwitterで直筆文書の画像を公開して、10月からの芸能活動休止を発表しました。そしてツィートはほどなく非公開とされました。

「10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と現状を報告。
近年では「好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」とのことで、「再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」との決断に至ったことを説明しました。
そして応援してくれた人たちに感謝の言葉も述べていました。

「まじか!アムロちゃんよりショックだわ」
「ショック。体調が良くなりますように」
「若いからって無理せず休んでください」
「早く元気になってほしいなぁ。そして思う存分ゆっくりして欲しい」

といった声が相次いでいました。

健康管理に留意して頑張ってください!!
そしてまた戻ってきてください!!

Sponsored Link

 

 

 

こちらの記事もどうぞ