コムアイ

Sponsored Link


水曜日のカンパネラの『コムアイ』さんのぶっ飛び人生

ヤフオクのCMに出演し一躍人気者の仲間入りした不思議なユニット『水曜日のカンパネラ』
のVO.『コムアイ』さんについて調べてみました。

コムアイさんのプロフィール

生年月日:1992.7.22生24歳
本名:輿美咲 こしみさき
出身:神奈川県
身長・体重:未公表
血液型:A型
趣味:映画、落語、プロレス鑑賞
事務所:つばさプラス

父はアメリカンフットボールの解説者 輿亮氏
母は彼女が19歳の夏に癌で死去

中学時代は「夢なし」「友達なし」

闇の中学生だったようで、ほとんど友達もいなくあまり遊んだ記憶もなし、何かあればトイレに逃避していたそう。
ところが中学3年生の時、ピースボート事務所に一人で赴き、地雷除去のボランティアに参加している。
以後いくつかのNGO/NPO法人との関わりを持つようになる。

学歴がスゴイ

中学受験を受け慶應義塾湘南藤沢中等部に入学(中高一貫)
そして慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に入学
SFCとはあの天才中学生・天才高校生で話題になったTefu君が灘高を卒業して選んだ大学です・・・
東大より遥かにぶっ飛んだ奴等がいる学校ですね。
まあ彼女も負けずにぶっ飛んでますが。

キューバへ貧乏旅行、全裸で就寝

高校生になって友達の女の子とキューバ旅行を計画します。
父親は許してくれたが、資金がない。
そこでキューバのティーン100人の写真を撮り人生のルールを聞いてくるといった企画を思い立つ。
最初は銀座の路上でおじさんに声掛けをするも全く相手にされない。
アポなしで富士フィルム本社に乗り込んで受付でプレゼンするも体よく追い出される。
とある雑誌の編集社に乗り込んだ際「チェキのことなら」と紹介された起業家から、まんまと資金調達に成功。
それでも潤沢な資金ではなくまた、空港で荷物が行方不明となり、宿も観光客用のホテルでなく、木賃宿で全裸で就寝となったそう。

コムアイ

農場生活も経験

帰国後知り合いの茨城県の農家で生活。
畑や家畜の世話をして、お茶の加工を見たり日向ぼっこしたり・・・。
現在の音楽活動をしていて将来不安にならないのも、農場で感じた「最低限食べていける」といった安心感が後ろ盾になっているそうです。

ライブ中に鹿の解体!!!

彼女はジビエや時給自足に非常に興味をもっています。
自然の野生鳥獣を狩ってその肉が高級食材として食卓に並ぶ食文化、主にフランス料理に受け継がれてきたのがジビエ料理です。
彼女はライブ中に鹿の解体を行い話題になりましたが、これも山梨県北杜在住の師匠から伝授されたものなのです。

彼女は話します。

幼い頃から、父は、私の好奇心を大切に育ててくれました。「何で右から開く本と左から開く本があるの?」なんて聞くと、「気になるね、一緒に調べよう」と、私の「何で?」をすごくほめてくれたんです。

高校生の夏休みには、好きなダンスがきっかけで興味を持ったキューバへの旅行を許してくれました。日本と違う国を見てみたかったんです。父に何かを止められたり、考えを押しつけられたりした記憶はなく、とても感謝しています。

19歳の夏、がんで闘病していた母を自宅で看取(みと)りました。危ない状態になり、海外に行っていた弟を急いで呼び戻したのですが、母は、家族がそろうのを待ってくれていたかのように、弟が帰宅したその日に息を引き取りました。
でも、家族で私が一番、看病をしなかったんです。ちょうど音楽活動を始める準備で、「今、頑張らないと」という時期でした。後悔すると分かっていても、「自分の人生、一歩も譲りたくない」と音楽を優先することを決めたんです。もし、少し大人になった今だったら、もっと休みを取ってできるだけ付き添っていただろうな、と思うことがあります。

コムアイ

コムアイの熱愛報道、その神対応が話題に

昨年2017年7月8日に発売された週刊誌『FRIDAY』にて30代のクリエイター男性(上岡拓也氏?)との同棲を報道されました。
7月上旬に同誌の直撃取材を受けた彼女は、突然のことに戸惑いながら、4月から同棲していることを認める様子が報じられました。

本人は交際の事実を認め、ツイッターで「20代の恋愛を謳歌したい」とコメント
7日には「明日、ハッピーすぎるニュースが出ます」と匂わせていたコムアイ。
8日、自身のツイッターを更新し「これからも20代の恋愛を謳歌したい」とつづった
同棲を認め、交際を温かく見守ってほしいともつぶやいた。

30代のクリエイターK氏が身の回りに意外と多かったことに気づいた。 ケンモチヒデフミでも上岡拓也(ジパングのアートワーク担当)でもありません! これからも20代の恋愛を謳歌したいので、街中で見かけても声かけずに写真撮るのはやめてくださいと。

コンビニにバナナを買いに行った際に直撃取材を受けたというコムアイ。
「悔しかったので、中華料理屋に連れてってフカヒレごちそうになりました」とこの時した仕返しを明かしている。
続けて「最初は目の前が真っ白になったけど、家に上げなくては!ととっさに思って、でも家がめちゃ汚くて、外食に誘ったら、週刊誌の裏話聞けて結果的に楽しい飲み会でした~」と、直撃取材の“その後”をレポートした。
「今日のMステは肌ツヤツヤで出ます! ご馳走様でした(そんなわけでよかったら買ってください)」と感謝するとともに同誌もPRした。

コムアイ
  これも話題になったニップレス・インスタの投稿

彼氏と言われるK氏が誰であるかはわからないままですが、フライデーすらも手玉にとって自分のペースに巻き込んでしまうコムアイ、恐ろしい新世代ですね!これからも既存の枠組みを壊すあっと驚くような活動を期待しています!

コムアイ

Sponsored Link

 

こちらの記事もどうぞ