佐々木琴子

◆第5回 女性アイドル顔だけ総選挙

Sponsored Link


『女性アイドル顔だけ総選挙』は今年で5回目を迎える文化放送のラジオ番組「レコメン!」が毎年「AKB48選抜総選挙」前後に行う投票企画。顔だけで選ぶなら一番好きな女性アイドルは誰?をテーマに、リスナーから投票を募り、番組内で結果を発表します。

1位:白石麻衣(乃木坂46)

2位:松井珠理奈(SKE48)

3位:佐々木琴子(乃木坂46

4位:山本彩(NMB48)

5位:横山由依(AKB48)

6位:渡辺麻友(AKB48)

7位:西野七瀬(乃木坂46)

8位:相楽伊織(乃木坂46)

9位:堀未央奈(乃木坂46)

10位:齋藤飛鳥(乃木坂46)

11位:菅井友香(欅坂46)

12位:鎌田菜月(SKE48)

13位:太田夢莉(NMB48)

14位:松村香織(SKE48)

15位:渡辺梨加(欅坂46)

16位:松村沙友理(乃木坂46)

17位:生田絵梨花(乃木坂46)

18位:長濱ねる(欅坂46)

19位:渡邉理佐(欅坂46)

20位:白間美瑠(NMB48/AKB48)

白石さんは写真集のバカ売れ効果もあってか自身初の1位を獲得しました。
現在24歳とアイドルとしては決して若くなく、卒業秒読み説もささやかれ続けていますが、今の人気を考えれば運営側も辞めるに辞めさせられないでしょう。今年4月に29歳でAKB48から卒業した小嶋陽菜のように、20代ギリギリまで残留させられる可能性もあり得るかもしれませんね。

そして一番気になったのが佐々木琴子ちゃんです。

本名・芸名 佐々木琴子(ささきことこ)

生年月日:1998年8月28日(16)

ニックネーム:ことこ、こったん

血液型:A型

星座:おとめ座

身長:163cm

埼玉県出身。乃木坂46合同会社所属。

小・中は地元で、上京して活動に専念出来るよう高校は通信制の高校を選んだそう。

佐々木琴子

2013年

3月28日、乃木坂46第2期生オーディションに合格。

5月7日、『16人のプリンシパル deux』公演でお披露目。

2015年

2月22日、『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE』で正規メンバー昇格が発表される。

自己PR:「小学生の頃、そろばんをやっていたので手さきが器用です。アニメがめっちゃ好きで特に銀魂とHunter×Hunterが好きです。銀魂の『ビチグソ丸』の名前を暗記しています。」

自分をひと言でいうと?:「ひかえめ」

「グル」という黒猫を飼っているが無類の猫好きなのです。
このグルは左目と右足が無い。佐々木が小学校の頃、自分の家に迷い込んできたグルがケガをしていたのを保護し、そのまま飼っているそうなのです。

物静かであまり目立たず、握手会の塩対応(事実ではないと思います)などでも取り上げられていた彼女ですが、ようやく真価が認められたことが嬉しいです。
もうすぐ17歳、頑張って欲しいです💖

Sponsored Link


乃木坂ドーム進出!AKBを超える

7月2日、神宮球場で「真夏の全国ツアー2017」公演を行い、11月に自身初の東京ドーム公演を2日間行うことを発表。2011年9月に「お見立て会」でファンの前で歌ってから6年2か月での東京ドーム。05年12月に劇場公演してから6年8か月かかったAKB48を超えました。

アンコール後にサプライズ発表されると、白石麻衣は完全に固まり、齋藤飛鳥も「え、2デイズ…」と絶句。メンバーは一様に言葉を失った後、涙を流しました。

生駒里奈も泣きながら「みんなでやっと立てるんだ。このメンバーで…グッとくるものがありますね」と漏らした。キャプテンの桜井玲香も「神宮よりずっと広いと思う。怖いとか言っていられない。いいライブを作りたい」とやる気を見せていました。

この日は満員の4万人を前に3期生、2期生、1期生と順番に公演した後、全員で公演。42曲をパフォーマンスした。「七夕のお願いコーナー」では齋藤が「ひこ星さまが飛鳥のこと好きになってくれますように…」と両手でハートの形を作ると大歓声が起きた。「インフルエンサー」ではテレビ番組で共演するバナナマン・日村勇紀が登場。ミニスカート姿で踊り「汗かいちゃったから、みんなでお風呂入ろうか」と提案すると、メンバーは「キャー!」と拒絶していました。

今回のツアーは東京を始めに仙台、大阪、名古屋、新潟と全国14公演で約18万人を動員します。スゴイですね~。


余談

乃木坂と欅坂のそもそものコンセプトの違いとは

同じ『坂道シリーズ』なのですが、

乃木坂は、可愛らしい高級感を求めた『フランスの女子校』をイメージし、

欅坂は50年代後半から60年代中頃の英・ロンドン近辺の若い労働者の間で流行した

音楽やファッションをベースとしたライフスタイル『モッズ』の世界観を目指して

結成されています。

なので『エキセントリック』のサビではメンバー達が履いていた片方のクツを投げ捨て

観客や他のアーティストの度肝を抜くのです(笑)

そんな斬新な振付師・舞台演出家が、マドンナのツアーダンサーを務めた

TAKAHIRO(35)です。

『アイドルの殻を打ち破る!』の意気込みでさらに斬新な振付を考えているのですね。

ビートルズも常はロッカーズファッションだったのを急遽モッズファッションに変えてデビューしたそうですよ。

Sponsored Link

 

こちらの記事もどうぞ