金正恩、横田めぐみ

横田めぐみさんの動向

Sponsored Link



金正恩の誕生日は,1982年,1983年,1984年と3説あるが,金正日の料理人として仕えた藤本健二氏の話から,1983年1月8日と考えられる。

北朝鮮側は,横田めぐみさんが1984年まで李恩恵(リウネ)こと田口八重子さんと拉致者収容所で同居していたと説明しているが,これは嘘。大韓航空機爆破事件の実行犯・金賢姫(キムヒョンヒ)が,自分は81年7月から83年3月まで田口八重子さんと同居していたと証言しており,韓国の公安当局から追認されている。同居の目的は,工作員として田口八重子さんから日本語を学ぶため。

逆に,めぐみさんがこの頃に超高級デパートで買い物をするなど,優雅な生活をしていたとの目撃談がある。北朝鮮側としては,この時期,めぐみさんが拉致収容所にいたことにしたかったのだろうが,事実は違っており,拉致されためぐみさんは79年秋から84年秋までフリーであった。

実はこの間,めぐみさんは田口八重子さんや工作員の金淑姫(キムスクヒ)と同居生活をしていたそう。

金正日と横田めぐみさんの出会い

大韓航空機爆破事件の指導と総指揮は,当時既に金日成の後継者に指名されていた朝鮮労働党書記の金正日が執った。その目的は,大韓航空機の原因不明の空中分解によって韓国政府の国際社会における信頼低下を引き起こし,翌年にソウルで行われるソウルオリンピックの妨害を行うため。そのため日本人工作員が必要となり,田口八重子さんや横田めぐみさんが拉致されることになった。

金正日をリーダーとする爆破作戦チームが,81年初夏から83年3月にかけて(金賢姫の証言),東北里3号招待所と呼ばれる極秘施設において連日連夜,日本人化教育や日本人父娘を擬装する訓練を行った。ここで,田口八重子さんが金賢姫に対し,横田めぐみさんが金淑姫に対して,各々日本人教育に精を出した。82年4月,金賢姫が朝鮮労働党に入党しここを去ると,残ったのはめぐみさんと金正日と金淑姫。

工作員達の世界(裏社会)では,金正日とめぐみさんは事実上の夫婦だった。ここでめぐみさんは82年4月頃,金正恩を懐妊した。

1987年11月29日に大韓航空機爆破事件が起き,めぐみさんは「重要参考人」の一人となり,世に出ることができなくなってしまった。

中国政府と北朝鮮

中国は,60年も前の朝鮮戦争以来,北朝鮮を支援することを使命としてきた。そして5年も前から,(金正恩への個人的感情ではなく)金正恩の体制を国家的事業として支援している。

中国と金正恩の朝鮮は,ウインウインの関係。金正恩は中国に守られながら,北朝鮮の国家利益を追求してゆくだろう。胡錦濤から習近平に大権が移行しても引き継がれていく。金正恩の朝鮮は,堅固であること極まりないのだろう。

横田めぐみ さんが北朝鮮の工作員によって拉致された理由は、母親の早紀江さんが皇族の血筋を引いている為であることは一部ではよく知られている事実だ。横田早紀江さ んは、明治維新からの近代皇室に繋がっているのではなく、長州の田舎侍たちによって断絶させられた北朝系の天皇の血筋なので、とびきりの貴種といえる。い たいけな少女をわざわざ拉致してくるのにはそれ相応の事情がある。金正日の妻にして金正恩の母親である横田めぐみさんは、今や北朝鮮の西太后として絶大な る権威を有していると思われる。

1392年から1910年までの約520年間27代続いた李氏朝鮮。
その朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだのが
元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃です。

横田めぐみさんには朝鮮王朝の血が流れている(日本の皇族の血もですが)。 もし噂が本当であれば北朝鮮はその血統が欲しかったからめぐみさんを拉致したのではということになります。

夫:李 垠(り ぎん)さん 妻:李 方子(り まさこ)さん


1907 年(明治40年)に李 垠さんは10歳?で大韓帝国の皇太子となる。 数ヵ月後日本に渡りその後は学習院に入学した。1910年(明治43年)の日韓併合のあと、1920年(大正9年)に2人は結婚(今でいう政略結婚)。 方子さんが自分の婚約を知ったのはなんと新聞の報道だった。(Wikipediaより) 方子さんは、祖国を離れて東京赤坂の邸宅で暮らす夫を支えた。

早紀江さんは李方子皇太子妃の娘といわれている。単純に考えると朝鮮王朝と日本皇族の血が1/2ずつ。

夫の滋さんは日本銀行に勤めていたからこそ皇族の血をひく早紀江さんと結婚できたのではないか?

李方子さんと早紀江さん

李方子さんと早紀江さんの写真ですが、似ていますね。

めぐみさんは李方子さんの孫であり横田早紀江さんの娘ということになります。 朝鮮王朝の血のクォーターですね。 めぐみさんの大人になった写真は父親の滋さんの面影もあるように見えます。

Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ