横田めぐみさんは、日本の宮家と朝鮮王朝という「二つの王室の血」を継ぐ人物

Sponsored Link



めぐみさんは現在、国家安全保安部局長という要職につき、亡き夫(金正日)に代わって息子の金正恩(キム・ジョウウン)を陰で支えている。
といったにわかには信じがたい話を長々と始めましたが、一つの学説として知っていることも無駄ではないと思いました。

さらなる驚愕は、金正日の父親は、旧日本陸軍中野学校のエリ-ト諜報員、畑中理(金日成の右腕、金策キム・チェク)であり、その畑中理(金策キム・チェク)が金日成の妻であった金正淑との間にもうけた息子が金正日。
その金正日と横田めぐみさんの間に生まれた子が金正恩というわけです。

そして産まれた男の子に、日本の目指した大陸の理想国家・満州国を再興するために力を尽くすと同時に「日本に正しく恩を返す者」という意味を込めて正恩(じょううん)となずけたのでした。

このような驚愕の話は、どこまで信じてよいのか分かりませんね!
しかもネットで検索すると、これらの筋書きの作成者がCIAであるとか、多布施システムによる明治天皇すり替え説やフリーメイソン等など枚挙にいとまがありません。

はたまた米韓合同軍による金正恩暗殺計画はもういつでも実行できるだんかいまで来ているが、最悪のシナリオなら核による人類滅亡の危機も避けられず、躊躇している、であるとか、韓国が朝鮮半島を専有し核保有国となれば現在以上に日本にとって危惧される問題を残す。

もう何を信じれば良いのかまったくわからず歯がゆい思いの方がほとんどだろうと思います。

日本は北朝鮮に対して国交断絶、出来る限りの経済制裁を実施している。と言われていますが、パチンコの収益金は全く規制されず、北の軍事費となっていることは事実だそうです。

ラスベガスのカジノの年間収益金が3兆円ほどに対して、日本のパチンコの収益金は多少減少したといっても25兆円を下らないと言われています。その50%が韓国、30~40%が北朝鮮に、華僑と日本に各5%送金されており、過去 金日成は「毎年の軍事費、約6000億円のうち4000億円は日本のパチンコ業界から送金されるものだ」と公言しています。現在であれば、もっとケタ違いに大きな金額でしょう。朝銀の入金伝票の勘定科目『朝銀掛金』にて・・・。

朴槿恵大統領を罷免、韓国の憲法裁判所が弾劾認める 5月9日までに大統領選挙

さきほど(2017.03.10) 韓国の国会で弾劾訴追され職務停止中の朴槿恵大統領について、韓国の憲法裁判所は3月10日、罷免を認めるとの審判結果を発表しました。
朴槿恵大統領は即時罷免され、失職した。決定から60日以内(5月9日)までに大統領選挙が実施される。
1987年の民主化で現在の弾劾規定が導入されてから、罷免されたのは韓国史上初めて
決定は8人の裁判官(欠員1)の全員一致。

大統領側の保守派裁判官4人を含めたが、世論の流れに逆らえなかったようです。
ますます不安定になる朝鮮半島に注視していきます。

Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ