RENA

格闘家・絶対女王『RENA』とは

Sponsored Link



RENA(レーナ)1991年6月29日 生(25) は、女子シュートボクサー、総合格闘家
本名 久保田 玲奈
出身 大阪市此花区西九条
所属 シーザージム
現SB世界女子フライ級王者
身長 160cm
体重 50kg
血液型 A型

RENA
愛らしいルックスとリング内での強さを兼ね備え注目を浴びています。

女子シュートボクシングの祭典Girls S-cupのトーナメントで4度の優勝(世界トーナメント3度、日本トーナメント1度)し、初代シュートボクシング女子世界フライ級王座初代RISE QUEENを獲得、神村エリカとの国内頂上決戦を制するなど女子立ち技打撃格闘技では圧倒的な強さを誇り、『絶対女王』と評されています。

【戦績】37戦31勝5敗1分10KO

RENA

シュートボクシングとボクシングの違いは?

シュートボクシングの生まれは日本、
元日本キックボクシング協会のミドル級・ウェルター級の王者であったシーザー武志選手によって1985年に創立された比較的新しい格闘技なのです。
ボクシングはパンチだけに限定される攻撃が立ったままの状態からの攻撃は(反則を除き)基本何でもありなのがシュートボクシングです。
”立った状態”でのパンチ、キック、投げ技、締め技が認められています。
頭突き、噛みつき、サミング(目を攻撃する)、チョーク(首を絞める)、ロープを使っての攻撃は反則です。(女子に限り、肘による攻撃も禁止)

もし判定で引き分けの場合は延長戦を繰り返して必ず勝敗を決めるというルールです。
勝敗はKO(ダウンして10秒以内に立てない)、TKO(負傷のため試合続行ができない)、判定のいずれかで決まります。

”もう死ぬ”と思った瞬間を告白!

昨日(2017.4.14) 関テレの『怪傑えみちゃんねる』に出演し、「もう死ぬ」と思った瞬間を振り返って話しました。

RENAはMCの上沼恵美子に求められ、スタジオ内で裸足になって生キックを披露。ど迫力に驚いた上沼は「顔は大事にして。きれいな顔やねんから」と案じ、けがはないのかを尋ねた。

RENAは「眼窩底折れました」と明かして右目の目頭側を触った。
「1日3試合のトーナメントで優勝して、なんともなかったんです」と話し、熱いシャワーを浴びたという。その後で「くせで鼻をかんだ」ところ、「ふわふわって膨らんで」と再び右目の目頭側を触った。RENAは「脳の液体が降りて来た、もう死ぬ」と思ったと話していました。

実家の近くにシュートボクシングのジムができ、そのジムに子どもを教えるジュニアのクラスがありました。当時周りには寸止めの空手をやっている同級生がいたこともあって格闘技に興味があったRENAさん。

4姉妹の末っ子で年の離れたお姉ちゃんのいつもパシリ。日ごろの怒りは積もりに積もって「こいつら、いつか、しばいたるねん」と思っていたそうです( ̄▽ ̄)

そして今夜(2017.04.16) RIZIN 2017 IN YOKOHAMA-SAKURAで4度目防衛、1ラウンドKOにて見事達成 おめでとうございます!!

事故などないように祈っています。頑張ってください💖

Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ