Sponsored Link


小島瑠璃子


トップクラスの頭脳の持ち主、小島瑠璃子とは

 

バラエティ番組やCMで毎日見ない日はないという ”こじるり” コト 小島瑠璃子さんについて

彼女は1993年12月23日生まれの22歳 山羊座 血液型O型

千葉県出身

身長 157Cm 81-57-85 カップE って凄いプロポーション! 

16歳の時(2009)、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで34000人の中、グランプリ獲得
ホリプロの大先輩 和田アキ子司会の『アッコにおまかせ!』で全国ネット初出演

 

出身中学から初めると
千葉県市原市立ちはら台南中学入学

吹奏楽部でトランペット・サックスを担当
1日10時間以上勉強し、全国模試は50位以内だったそうです。

 

 

高校は千葉県立千葉東高校
ダンス部所属 兼サッカー部マネージャー
学級委員長も経験 と芸能界の仕事も掛け持ちで、まさにスーパーガールです

この高校は、偏差値70の超名門校で、あの秀才といわれた桐谷美玲さんの母校です
でも桐谷さんは4年先輩なのでお二人の接点はなかったようです。 ザンネン!

 

大学は目撃情報が多かったのが、共立女子大学(お茶の水女子大学かも)
でも、仕事が忙しくなり、仕事優先の為わずか1年で退学しています。

大学入試のために必死になって勉強したと本人が話していたのに・・・

やはり仕事に打ち込む気迫がハンパじゃなかったんですねぇ

 

ホリプロ独自の給与制

それにしても、これだけ頑張ってるのにホリプロの給与制ではきついでしょうね!

大御所の和田アキ子さんでも給与制なんでしょ

稼ぎ頭の石原さとみさんや綾瀬はるかさんも・・・

終身雇用制なので若い人は給料は安いそうですよね。

和田さんなんて「ホリプロじゃなかったら今頃ビルの10棟くらい建てている」って言ってたけど、

 

まあ、あの人は大阪阿倍野の安いジャズ喫茶で歌っていて、拾ってもらった恩義があるので、この49年間 ありがたく思わないといけないと思うんだけど・・・

それに、ヒット曲も出せずに年収1億円はどう考えても無駄でしょう。

 

ポストベッキー争奪戦!

ゲスな男女関係で休業中のベッキーの後釜を狙う『ポストベッキー』レースでも最有力なのは
小島瑠璃子さんでしょう

昨年のテレビ番組出演回数は429本大久保佳代子さんを抜いて初の年間女王になっています。

対するライバル枠は、(ハーフ)   :ローラ、マギー、ダレノガレ明美
(アイドル):菊池亜美、指原莉乃、松岡茉優 のうち誰が『空席』に座るのか。

そんな中バラエティ番組ディレクターと民放局プロデューサーの弁を引用します

「こじるりの仕事がここまで増えたのは、ガンガン前に出てトークを仕掛け、時には目を見開いてヘン顔で驚いてみたりする表情豊かな点が重宝されたからです。本人は『ナマ放送が大好き』と公言していますが、カンペを見ずにしゃべる能力が高く、現場では生放送でも使いやすいと評判です」

ところが、そんな筆頭株を揶揄する声も少なくない。ディレクターが続ける。

 「実はあの若さでかなりの『ウラ営業力』を持っている。司会者など大物相手になるとハキハキと愛想を振りまいたり、さりげなくボディタッチをして接近したり、気に入られるツボをしっかり押さえています。その一方、権力のない番組スタッフなどにはそっけない態度。そのため、『こじるりはウザイ!』『媚び方があざとすぎる』などの声が多くの現場スタッフから上がっていますよ」

 とはいえ、こうした好感度急落は小島だけのせいではないという。民放局プロデューサーが明かす。

「実は事務所のベテランマネージャーがこじるりをお気に入りで、ゴリ押ししている。
こじるりのギャラは番組1本50万円程度とお手頃価格でしたが、ベッキー不在の今を好機と見たのか、100万円近くも要求しているというんです。
地方局はすでに払えない状況で、ギャラの高騰がたたって今後は仕事が減りそうです。もっとも、本人は歩合ではなく給料制なので『仕事が増えても給料は一緒』と話している」

2004年夏、(秀才・イケメンモデル)ロビンとの熱愛報道

小島瑠璃子・ロビン

一寸先は闇の芸能界だが、こじるりの牙城はそう簡単には崩れなさそうです。

2004年夏に年上モデルとの熱愛が報じられた時も、事務所が間髪いれずに仕事をガンガン入れた為、2人はその後デートする時間もなくなったようです。

運良くこのスキャンダルも撮られたのは家族旅行に行く直前の昼間にボーイフレンドと買い物をしている写真で、健全なイメージは守り抜いています。

それにしても、本当に目立つスキャンダルのない人ですねぇ

事務所が仕事量でうまく調節しているのかも知れないですね。

そんなこじるりですが、現在レギュラー番組『S☆1』・『ヒルナンデス』など7本!

今後もその天性の器を活かしてますますお茶の間のファンを楽しませてください!

 


Sponsored Link




 

こちらの記事もどうぞ