桂三枝

懐かしいヤンタン時代の『桂三枝』

Sponsored Link


私は 1968年、大阪府茨木市の春日丘高等学校の2年でした。

『今日 ヤンタン行こか?』クラスで声掛けして男女3~4人グループで放課後JRの千里丘まで2駅。

駅前から「旧MBS千里丘スタジオ」まで送迎バスで数分。

MBSラジオ『ヤングタウン』の公開録音が毎日実施されていました。

当時MCは現羽衣国際大学名誉教授の元MBSアナウンサー斎藤 努アナでした。

私達は円形のスタジオの真正面を陣取ってその日のゲストを心待ちにしていました。

目的は、ゲストが持ち込む新曲リリースのレコード盤数枚とスポンサーからの商品(主にお菓子)をゲットすることでした。

番組は1967年10月から始まったそうなので、ほぼ初期の頃だったのでしょう。

全曜日あり、レギュラーのアマチュアバンドがフォークル(ザ・フォーク・クルセダーズ)だったのは今になって驚きです 🙄 

桂三枝はといえば、時々スタジオに来てCM中継時間にゲストのギターを弾かせてもらったり普通に遊びに来ているようでした。

しばらくしてからヤンタン全曜日の内1日、それもわずか15分間自分のコーナーを持つようになっていました。

しかし何と言っても当時はオールナイトニッポンにも登場していた、エロ仁鶴コト笑福亭仁鶴が絶大な人気を誇っていました。

ヤンタンと重なり1969年よりヤングOH!OH!がTVで始まり、三枝とさんまがMCをしていました。

そこにザ・パンダの4人組ピン芸人も出演していました。

月亭八方、桂きん枝、桂文珍、林家小染の4人ですね。

酔っ払って交通事故に遭い友紘会病院で亡くなった小染さんが一番好きでしたが。

Sponsored Link


現在 六代 桂 文枝 (目は付けない)

前名は桂 三枝(かつら さんし)本名は河村 静也(かわむら しずや)

1943年7月16日生まれの73歳

落語家、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長

吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。師匠は桂小文枝

大阪市立北恩加島小学校、大阪市立市岡中学校、大阪市立市岡商業高等学校卒業

中学時代は西川きよしの姉と同級生

関西大学商学部部商学科に進学したが中退

1972年にタレントの高橋真由美と結婚し1男1女を儲ける。

2015年7月『新婚さんいらっしゃい!』が「同一司会者によるトーク番組の最長放送」としてギネス世界記録に認定された。

西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三巨頭と称されています。

タレントとして早くから頭角を現す一方で、本業の落語の評価は高くなかったです

なので古典ではなく新作にウェイトを置くようになり『創作落語』で成功した人ですね。

これは古典をほとんどやっていない早い時期に、司会者やタレントで人気が出始めたため、師匠にしっかり稽古を付けてもらえなかったこと、本来の上方落語の世界に出てくる大阪言葉に馴染めなかったことなどが理由とされているようです。

私が京都信金で営業をしていた頃、祇園の花街の中心地、甲区宮川町の『よし冨美』さんを担当していましたが、ある日  女将が「今日は旦はんが来はる日」とソワソワしているので聞いてみたら桂三枝が贔屓にしている店だったことが判り驚いたことを思い出しました   😯

宮川町界隈
宮川町界隈

紫艶とのフライデー画像流出まで

2016年2月演歌歌手の紫艶さんが、自身が女子高生時代のときから桂文枝(桂三枝)と20年に渡る不倫をしていたとフライデーに暴露しました。

マンションの一室でニット帽をかぶり、美女と顔を寄せあう男。酔っぱらっているのか、食事中の女性に赤ら顔でキスする男。ジェットスキーに水着姿の女の子を乗せ、大海に走り出さんとする男―それがすべて、桂三枝改め6代 桂文枝師匠(73)だったのです。

女の子の方は紫艶という関西出身の演歌歌手、彼女のウリは演歌歌手なのに90センチの巨乳で、’00年に『艶歌歌手』として東京デビュー。

不倫相手である紫艶が周囲から“売名行為”と批判が殺到したことに憤慨し、ついに桂三枝との不倫の証拠であるLINEの内容をフライデーに暴露する事態に・・・。

以降も紫艶が自身のFacebookに桂文枝がソファに座っている全裸写真を公開し、「リベンジポルノ怖すぎ」と話題となっています。

※リベンジポルノ:復讐を目的に、元交際相手や元配偶者の性的な写真や動画などをインターネット上に流出させること。

”34歳差不倫”のケジメどうつけたか

紫艶さんは現在、都内でホステスをやっているそうで、芸能界は事実上引退。

所属事務所以外でも三枝のために一肌脱いだ大物もいたそうです。

しかし、彼女は金品を受け取る様子は無かったそうです。

「師匠には立場があります。いろいろな方を守るため、不倫を否定したことは理解できます。 でも、私にも守るべき家族がある。だから今回、真実を話させていただきました。 そのケジメとして、芸能界を引退します。これで許されるとは思っていませんが、私にできる精いっぱいの責任の取り方です。 釈明会見で師匠が『歌を頑張って』と言ってくださったときは心が痛みましたけど……後悔はありません。師匠と出会えたことが、私の人生の宝物だから」

と。

とfacebookによる色々なリベンジ流出画像の中で紫艶さんの左足首の箇所に「34」というタトーが彫ってあることも判明しています。

恐らくは三枝夫妻の間では不倫については5~6年以上前から解っていてお互い別居中だそうです。大阪池田の自宅はもう何年も人の住む気配も伺えず、三枝自身も池田のマンションに時々、衣装を取りに行くそうなんです。

仕事の方でも少なからず影響があり、長年審査員をしていたR-1グランプリにも出演は控えています。

さらに紫艶さんが、芸能界に復帰する事をFacebookで報告したが、『今後は一切、桂三枝について自ら口外しない』という条件付きの口添えで可能になったなど、どこまでが真実か想像出来かねる状況が続いています。

いやぁー恐ろしいです  ❢

人間 真面目にまっとうな人生を歩まないとこのような結果になってしまいます。

変な宗教はさておき、本当に『神様はすべて見てらっしゃる』ですね  ❢

Sponsored Link

 

こちらの記事もどうぞ