Sponsored Link


 

阿川佐和子

阿川佐和子さん、ついに結婚!

『お見合い歴30回』を公言するなど、『結婚できない女』の先駆けとして、独身生活を貫いてきた阿川さんだったが、ついに結婚話が浮上。

 

2014年10月に週刊新潮により、6歳年上の白髪の紳士で、以前教育関係の仕事をしていた男性との純愛を報じられていて、本人も『このまま一緒に居られたらいいかな』と語っていました。

今回週刊FLASH(12月3日号)で取り上げられた人物と同じようです。

阿川さんの母校 慶応大学の元教授で、もう30年のお付き合いだったそうですよ。

 

阿川さんは1953年11月生まれの63歳、作家 阿川弘之を父に持ち、自身もタレント、エッセイストとして活躍。

2012年に刊行した『聞く力』は累計150万部以上の大ヒット。

 

東京出身、血液型はO型、身長は150cm・体重はひみつ!

大学は慶應義塾大学文学部西洋史学科を卒業

卒業後は、織物職人を目指し 様々なアルバイトを経験

 

1981年「朝のホットライン」のリポーターを勤め、ブラウン管デビュー

「情報デスクToday」でアシスタント・「筑紫哲也NEWS23」ではキャスターを勤めていました

「ビートたけしのTVタックル」の司会や「サワコの朝」の司会でもうお馴染みですね。

今も美人だが若い頃はさらに

阿川佐和子さんの若い頃の画像です。


Sponsored Link

その裏で蠢く学会の影

そんな阿川さんですが、実は芸能界を牛耳っている創価学会の会員です。

各局の番組から引く手あまたなのも、創価の力が働いているのかとまでは、思いたくありませんが、ここに一つ信じられないことも起こっているのです。

 

森絵都さんの小説『カラフル』を大絶賛されています。

カラフル

物語の内容は、ヒロインの中学2年生の女生徒が中年の男と愛人関係を結び、また洋服やバッグ、アクセサリーを買うために売春(援助交際)をしている、といった設定です。

これだけならいいのですが、これが児童文学だというのです。

さらに産経児童出版文化賞まで受賞しています。

こんな児童文学があっていいのでしょうか!それを実写で映画化までして、母親役に阿川さんが出演しています。

この小説が創価学会のものなのか、調べてみましたが、そのような記載を残しているはずもありません。

 

何故日本の芸能界は在日と学会関係しかいないの?

この問題については、日本古来の芸能(例えば歌舞伎)の発祥の歴史を紐解けば分かるでしょう。

そうです。放送禁止用語にも指定されている河原乞食の歴史です。

『今の時代とはあまりにもかけ離れた話だ』といわれるかもしれませんが、いいえ少しも変わっていません。

朝鮮半島から流れてきた人達は日本では一般の人がやらない仕事を主にしていたのです。

暴力団、屠殺とそれに関わる革製品加工や葬儀・墓守、なかでも芸能は彼らの主なナリワイの一つだったのです。

他民族である、そういった人々のすがる気持ちにつけこんできたのが、いつの時代もカルト宗教なのです。

芸能人は宗教団体にとって大きな広告塔になってくれますよね。

私も長い銀行生活の中で、芸能界の興行師といわれる人物と知り合うことがあり、話を聴くこともありました。

どんな小さな興行をどんな地方で開催するにしても、在日の許可無くしては何もできないのです。

今は◯◯芸能プロダクションと立派な名前を付けていますが、そのほとんどが、在日や暴力団です。

最近では、安室奈美恵さんの事務所移籍事件がありましたね。

沖縄時代から長年世話になった事務所から逃げてエイベックスに移籍した・・・この時に移籍の手伝いをしたのが、京都の闇のフィクサーと呼ばれる人物でした。

 

要するに一般の人が入り込める世界ではないのです。

 

こういったことは、ほとんどの方がその概略は知っていて、ネットであらゆる芸能人の誹謗・中傷を書き込むケースが多いと思うのですが、くれぐれも裏付けられた証拠の無いことまで書き込むのは人権侵害になります。

 

私も芸能ニュース大好き人間ですが、あくまで紳士的に行動したいものです。

 

何せ、一般の人は誰も知り得ない世界なのですから・・・

Sponsored Link



 

こちらの記事もどうぞ