詩織

山口敬之に性的暴行された『伊藤詩織』

Sponsored Link


「週刊新潮」が5月18日号の〈「警視庁刑事部長」が握り潰した「安倍総理」ベッタリ記者の「準強姦逮捕状」〉の内容は、米国の大学でジャーナリズムと写真を専攻していた被害女性(28)が、就職斡旋の甘言を弄して近づいた山口氏の欲望に搦め捕られた準強姦に相当するといった報道でした。

2015年4月3日。被害女性(詩織:本名 伊藤詩織28)は左党であり、酔い潰れたことなどなかったが、薬物のようなものを盛られたのか、東京・恵比寿において飲食店を2軒はしごするなかで意識を失う。山口氏が投宿する「シェラトン都ホテル東京」に無理やり連れ込まれ、下腹部の痛みで未明に意識が戻った時には全裸の自分の上に山口氏が乗っかって腰を動かしており、やっとの思いで撥ね退けたら避妊具無しの陰茎が見えた、といったもの。

それから、彼女が被害届を提出した警視庁高輪署の警部補が中心となって証拠を収集し、6月4日までには準強姦容疑で逮捕状が発付。8日、山口氏が米国から成田空港へ到着するまさにそのタイミングで逮捕する算段だったが、官邸が重用する警視庁刑事部長の独断で中止となった――。

捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

準強姦逮捕状の「安倍総理」お抱え記者、取材メールを内閣情報官に転送? 
アッキーも“いいね!”の官邸フォロー

総理ベッタリの山口敬之・元TBSワシントン支局長(51)に、準強姦容疑で逮捕寸前だった過去のあることが明らかとなった。行状は女の敵そのもの。だが、アッキーこと安倍昭恵夫人は彼のFBに「いいね!」を押すなど、官邸側のフォローがありありと見て取れますね。

◆  誤送信

山口氏は今月8日、フェイスブックで「週刊新潮」に取材を受けた感想を縷々綴っていたが、他ならぬ安倍首相の昭恵夫人が「いいね!」を押している。ジャーナリストと言うよりはむしろ総理のポチと呼んだ方がいいのではと思しきサポートのされ具合なのだ。

加えて、その取材依頼書をメールで送った後のこと

「北村さま、週刊新潮より質問状が来ました。◎◎の件です」

ということは、

「北村さま」に転送しようとし、誤ってそのまま「週刊新潮」へ返信してしまったのだ。◎◎には被害女性の苗字(詩織)が記されています。その文面から、かねてより山口・北村間で今回の事案が問題視され、話し合われてきたことがわかるでしょ。

北村と聞いて頭によぎるのは、北村滋・内閣情報官(60)を措いて他にない。

国内外のインテリジェンスを扱う内閣情報調査室のトップを5年余務め、今夏には官房副長官への就任が確定的な北村氏は、今年だけで「首相動静」に54度も登場する。水面下における接触も推して知るべしで、いわば総理の眉間の皺の数まで諳んじる男なのです。

新聞

山口敬之WIKI 1966年5月4日 – は、ジャーナリスト、
元TBSテレビ報道局ワシントン支局長

東京都出身。筑波大学附属中学校・高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業後の1990年4月、TBSに入社。
入社当初は報道カメラマンのセクションに配属され雲仙普賢岳火砕流、臨時プノンペン支局でカンボジア国際連合平和維持活動等を取材。その後、1993年に特派員としてロンドン支局に赴任。欧州はもとよりロシア、中東、アフリカをカバー。南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領誕生やヤーセル・アラファートのパレスチナを入り等取材。またルワンダ紛争、アイルランド共和軍(IRA)によるテロ攻撃、パレスチナ紛争など各地の内戦や紛争を多く取材した。在ペルー日本大使公邸占拠事件も現地で長期取材した
帰国後、社会部(警視庁、運輸省など)、政治部(官邸キャップ、自民党、外務省など)を担当。その後報道特集、外信部を経て、2013年からワシントン支局長。
2015年4月23日付でワシントン支局長の任を解かれ、営業局へ異動した。2016年5月30日付でTBSテレビを退社し、ジャーナリストと兼業でアメリカ系シンクタンク研究員に転身した事を自身のFacebookで公表。

 

Sponsored Link


ネット上は
強姦もみ消し政権って憲政史上最悪だろwww
TBSピンチやん
マジか?安倍信者最低だな
警察の忖度は徹底的に叩かれるべき
あいつらふざけすぎ

等の投書と

25才学生の身分で
被害女性「能力と経験が評価されて食事に誘われていると思っていた。性欲の対象と見られていて悲しかった」 とか言ってるのは馬鹿らしい
自分から半裸でベットに入ったとかw
枕しようとしたのに仕事もらえなくてリークしたんでしょ

等のハニートラップを匂わす投書も多い。

山口・詩織事件はハニートラップなのか安倍首相が関係しているのか

本名 伊藤詩織
年齢 28歳
職業 ジャーナリスト・写真家
出身大学 不明(アメリカに留学経験があり、ジャーナリストを専攻していた)

会見では実名の詩織しか公表していないが、すでに伊藤という苗字も特定しています。
なぜなら彼女は写真家として活動しており、ツィッター、FB,インスタグラム、公式サイトを所持しているためです。

まず、詩織さんの代理人を務めるのは「松尾千代田法律事務所」に所属する西廣陽子弁護士で
そのトップの松尾明弘氏は民進党の東京都2区総支部長を務め、次期衆院選での公認内定候補と
いう肩書も持っている。

その為安倍首相のイメージダウンを狙ったハニートラップ説も浮上してきたのですが、
詩織さん側からすると、ハニートラップをしたとしてもあまり大きなメリットは考えられず、
仮に大金が貰えたとしても、顔出しと実名を出した上で嘘がバレた場合のリスクが大きすぎる
のです。

この事件は今後新たな情報が出てくると思うため、その情報で真実を判断するしかないのが、
現状でしょう。

今後も注目していきたい。


尊敬していた人物からの、思いもよらない行為。
しかし、その事実を証明するには――密室、社会の受け入れ態勢、差し止められた逮捕状。

あらゆるところに〝ブラックボックス〟があった。

司法がこれを裁けないなら、何かを変えなければならない。
レイプ被害にあったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。

「この本を読んで、あなたにも想像してほしい。いつ、どこで、私に起こったことが、あなたに、あるいはあなたの大切な人に降りかかってくるか、だれにも予測はできないのだ。」(「はじめに」より)

Sponsored Link

 

 

こちらの記事もどうぞ