moon

Sponsored Link


WINTERPLAYのヘウォンがMoonとしてソロ・デビュー プロデュースは伊藤ゴロー

韓国No.1の人気 JAZZY POP UNIT WINTERPLAYの歌姫として人気を博し、2017年からソロ・シンガーとして活動を開始したヘウォンが、MOON名義で今回ソロ・デビューを果たしました。

クールなたたずまいと透きとおる美しい歌声は、流行や世代を超えて人々を魅了し続け、2017年3月放送のTBS「サワコの朝」にてWINTERPLAYの「クァンド、クァンド、クァンド」をゲストの坂上みき<今、心に響く曲>として紹介したところ、収録アルバム『ソングス・オブ・カラード・ラヴ』(色彩のブルース  2009年)が、発売から8年を経てAmazon及びiTunesのジャズチャートで1位に輝いた。

WINTERPLAYについてはコチラをご参照ください『WINTERPLAY』の色彩のブルース♪ これこそ「ジャズ」でしょう!

WINTERPLAY


2月7日に日本先行発売となったキャリア初のソロ・アルバム『Kiss Me』では、原田知世のプロデュース・ワークで評価の高いギタリスト/作曲家の伊藤ゴローをプロデュース&アレンジに迎え、アコースティックな肌触りのサウンドをバックに、Moonの凛とした歌声の魅力満開の作品となっています。
YouTubeではティザー映像が公開となった。

ティザー映像で流れるのは、日本でもTVCM等でおなじみのSixpence None the Richer「キス・ミー」のカヴァー。アルバムでは他にもSade「キス・オブ・ライフ」Daryl Hall & John Oates「プラベート・アイズといった有名ポップスからジャズ・スタンダードまで、エヴァーグリーンな輝きを放つナンバー10曲をカヴァーしています。アルバムにはゲストとして、かねてから親交のあるTOKU、小沼ようすけ、ハクエイ・キム、太田剣といった日本ジャズ・シーンの中核を担う人気アーティストが参加しています。

MOON

日本以外のアジア各国からの注目度も高く、既に韓国と香港でのリリースが決定。今後も美しい月の光のようにMoonの歌声がアジアを照らすことになるでしょう。

Sponsored Link

 

こちらの記事もどうぞ