山本KID

Sponsored Link

 


「神の子」山本“KID”徳郁さん死去

プロ格闘家でK-1、HERO’s、UFC などで活躍した日本を代表するファイター、山本“KID”徳郁さん(本名岡部徳郁=おかべ・のりふみ、旧姓山本=KRAZY BEE)が9月18日、胃がんのため療養中のグアムの病院で亡くなりました。まだ41歳でした。
姉で同じくレスリングから転向した美憂(44歳)と一緒に、RIZINで戦うことを目標に病と闘っていた。美憂は30日のRIZINさいたまスーパーアリーナ大会に、故人の遺志を継いで出場します。
総合格闘技界の巨星が、この世を去った。KIDさんがインスタグラムでがん闘病を公表したのは、先月の26日のことでした。それから、1カ月もたたないうちの悲報。あまりにも若すぎる死に、格闘技界に衝撃が走った。

格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行実行委員長が本日9月19日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」に出演し、18日に41歳で亡くなった山本KID徳郁(本名・岡部徳郁=おかべ・のりふみ)さんの闘病生活を話しました。

胃がん発覚は2年以上前

榊原氏は、山本さんの父で1972年ミュンヘン五輪レスリング代表だった郁栄(いくえい)氏(73)の許可を得た上でインタビューに応じ、「最初に胃がんが見つかったのは、2年以上前のタイミングだったと思います」と明かし「ボクが聞いている範囲だと抗がん剤治療も何度かしましたし、その間、治療してくるよっていうことは周りに言わずに東京都内とかで治療を受けると目立ってしまうので地方に行って治療をしていた」と振り返りました。

病状は「年明けてからかなり病状が悪くなって、2月ぐらいだと思うんですけど、その後、最終的な治療の場所としてグアムに末期がんの人達の治療ですごくいい病院があるっていうことのようで、そこに治療の場を選んで。病院とグアムの中の自宅を行き来していて、その時の移動も車いすでの移動になったと聞いています」と明かした。

榊原氏も一度はフアンに病状の報告を勧め、カミングアウトしたほうが気持ちも楽なんじゃないかと言ったが、彼はがんであることを公表したくないとひた隠しに隠し続ける。
とにかく自分はもう1回現役に復帰するんだから、そのためにこのがんと克服して、それまではファンにも周りの本当に限られた人にしかこのことは伝えてこなかった。
身体は痩せこけて小学生並みの握力にまで落ち込んでいたようだ。

山本徳郁さんのプロフィール

名前 山本KID徳郁(やまもとキッドのりふみ)
本名 岡部徳郁(おかべのりふみ)
生年月日 1977年3月15日(現在41歳)
出身 神奈川県川崎市
身長 163㎝
体重 61キロ
職業 格闘家、経営者(カレー店)
所属 KRAZE BEE
学歴は桐蔭学園高校中退〜アメリカ留学〜山梨学院大学中退。
ニックネームは「神の子」または「KID」
HERO’S 2005ミドル級世界王者。
プロ野球選手のダルビッシュ有は義理の弟(聖子の夫)

幼い頃よりレスリング(フリースタイル)で活動。 高校時代は単身でアメリカにレスリング修行、アリゾナ州の王者に3度輝いた。
大学では日本に帰国、全日本学生レスリング選手権大会優勝(フリースタイル58kg級)など数多くの実績を残した。
シドニーオリンピック出場を目指していたが、1999年の全日本レスリング選手権大会(同級)で惜しくも準優勝。

オリンピック出場への道が絶望的になったのと同時期に姉・美憂の夫(当時)であるエンセン井上に師事して総合格闘技に転向。
2000年に第7回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級(-65kg)で優勝。翌2001年にプロデビューし修斗で世界ライト級ランク2位まで登り詰めた。

山本 美憂&エンセン井上
山本 美憂&エンセン井上

大学生の頃に母親を亡くし、当時家族は夢や目標を失って落ち込んだが、告別式の3日後の大学選手権に出場し優勝を果たす。その勇姿を見た聖子も後に世界選手権で優勝。妹はKIDについて「どん底にいた家族を救っていつも盛り上げてくれる凄い存在です」と語る。

ダルビッシュ有・山本聖子

早期胃がんの5年生存率は97%を超える

胃がんにはさまざまな性質や特徴があり、生存率は部位や悪性度などによっても変わってくる。例えば胃底部にできたがんは、胃体部や幽門前庭部にできたがんよりも5年生存率が低く、噴門部のがんはさらに下がる。胃底部にできたがんは検診で見つかりにくいこと、さらに噴門部のがんは転移しやすいことが原因と考えられる。スキルス胃がんは進行したがんの形態で、発見時すでに腹膜転移を起こしていることが多く、手術をしても再発しやすい。
ただし、こうしたがんも早期に見つかれば、それだけ生存率は高い。(週刊朝日MOOKより)

KIDさんも早期から都内の病院で適切な治療を行っていたらと残念でなりません。

ご冥福をお祈り致します。

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ