半崎美子

サザン桑田が日本のアニタ・ベイカーと絶賛 ❢❢

Sponsored Link


サザンオールスターズの桑田佳祐が昨年12月、ラジオ番組で絶賛したインディーズのシンガー・ソングライター半崎美子が4月5日、ミニアルバム「うた弁」でメジャーデビューする。北海道から上京して17年目36歳です。

 
名 前 :半崎美子(はんざきよしこ)
生年月日:1980年12月13日 36歳
出 身 :北海道札幌市
大 学 :札幌大学経営学部中退
血液型 :B型
職 業 :シンガーソングライター
レコード会社 :日本クラウン
所属事務所 :サンミュージック


動画半崎美子 “明日へ向かう人” (MV Full Ver.) ”The One that Heads to Tomorrow”

動画半崎美子「希望の桜」

動画半崎美子「ふたりの砂時計」歌詞つきMV

動画半崎美子 「夏の夢」赤坂BLITZライブ2015 〜Yoshiko Hanzaki @ AKASAKA BLITZ

動画半崎美子 “ただいまの約束” (Official Music Video)

動画Anita Baker – Your’e My Everything

半崎美子さんは三姉妹の末っ子だそうです。
「父親の猛反対を押し切って出てきましたが、続けてきてよかった。
(メジャーデビューが)決まったとき、父も喜び、親戚中にはがきを書いてくれたんです」 😀

上京後、パン屋の2階に住み込んでいたそうです。
人生初のオーディションはパン屋さんの面接(笑)。週6日働き、給与をもらいながら曲を作ってデモテープをクラブに持ち込みました。5年後にライブハウスに立ち、その5年後、全国のショッピングモールで歌い始めたんです(関東イオンモールツアー

不特定多数の人が行き交うショッピングモールで、(インディーズとして)歌い続けるのは簡単ではないはずです。
「連れている犬がたまたま会場の前で止まったから歌に耳を傾けるおじいちゃんもいました。あ、わんちゃん動かないでって思ったり(笑)。買い物に来たお客様にCDまで買っていただくにはどうすべきかを日々懸命に考える中で、発信するだけでなく受信する大切さを知ったんです」と。
そしてサイン会でも泣く人が続出し“泣かせ歌”と評判を呼ぶことになったそうです。(メンタルシンガー)

アルバムの一曲、「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」は、4月3日からNHK「みんなのうた」(4~5月)で流れます。

「おかえり、で始まる母の目線で書いた曲です。野菜を切ったり鍋で煮たり、台所を想起させる音も録音しました。私は自分がこの世からいなくなっても作品を残したい。教科書に載る曲を作りたい。その夢に一歩、近づけました」と。

レコード会社や所属するサンミュージックが半崎に懸ける思いも深いようです。
事務所関係者は

彼女の声に皆が期待している。うちもサンミュージックといいながら近年はミュージック部門が忘れられたような状態ですが、いいタイミングで“人の心を引く力”のある歌の担い手と出会えた。創業者(故・相沢秀禎)がとにかく歌が好きだったので、その意志を継ぎ、スタッフも一致団結して応援する構えです

春の空に響く歌声が、待ち遠しいです!!

10年ほど前にある番組で「明日は気合を入れて覚悟して出てこい」と言われ、友達の美容師の反対を押し切って「丸坊主」にして行くと、皆 唖然として、もう二度とお呼びがかからなかったと、鶴瓶さんの「日曜日のそれ」で話していました。

半崎美子
ベッキーと同じ事務所なんだ

自分の歌が自分自身よりも長生きすることを願い、歌が教科書に載ることが一つの夢だそうです。

これからも応援します ❢❢

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ