小栗有以

AKBチーム8『小栗有以』とは

Sponsored Link


小栗 有以(おぐり ゆい)

2001年12月26日生のやっと16歳
AKBチーム8のメンバー
東京都出身
AKS事務所
ニックネーム:「ゆいゆい」
身長:159.9㌢


AKB48も1期生の小嶋陽菜が卒業し、さらに世代交代が加速

その中で独自路線を歩み、47都道府県代表メンバーで構成されるチーム8が結成3周年を迎え、2017年4月にさいたまスーパーアリーナ公演では昼夜2公演で計2万4000人の観客動員を成功させるなど、AKBの将来を担う存在として期待される若手集団になりました。

「2万年に1人の美少女」の異名を持つ「ゆいゆい」こと小栗有以は、アイドルらしい可憐なルックスを誇るチーム8の人気メンバーであり、東京都代表であることから中心的存在と認められています。彼女は今春、高校生になったばかりです。

8(エイト)ポーズって?

小栗は今年1月にチーム8を代表して北海道の坂口渚沙、熊本県の倉野尾成美とそれぞれソロコンサートに初挑戦し、AKBのシングルで3作連続で選抜入りするなど実績を重ねています!

「選抜のお仕事ではチーム8をアピールしたくて、パフォーマンスの中でチーム8のポーズをしています。でも、ファンじゃないと8ポーズを知らない人もいるだろうし、今はまず自分のことを知ってもらって、チーム8の入り口になれたらいいなと思っています」

8ポーズ
8ポーズを取る「チーム8」センターの中野郁海

小学生のころ、前田敦子や大島優子がヒット曲「ヘビーローテーション」を歌う姿を見てAKBにあこがれた。学校の授業では人前で話すのも苦手だったが、AKBが大好きなことを知っていた友達からチーム8のオーディションがあると聞き、祖母から「やりなよ」と背中を押されて応募。中学1年で東京都代表として活動を始めた。

「NGT48もデビューしたし、AKBには16期生が入りました。いつまでもフレッシュさだけではいられないとみんなとも話しています。もっと一人一人のことを知ってもらって、一人一人の能力を上げていきたいです。もちろん、フレッシュさと初心を忘れずに」と話します。

2016年12月  ラブモに決定!

2万人に1人の美少女とも称されるAKB48(チーム8)の小栗有以に、千年に1人の逸材と言われる最年少ハーフモデルの木村ユリヤが9等身美少女三品瑠香(わーすた)に続きインパクトのあるラブモが誕生

小栗有以は三品瑠香、関りおんと共に表紙にも抜擢されました。

★ラブモ;女子中高生のためのビューティー&ファッション誌 『LOVE berry(ラブベリー)』の専属モデル


これからますます楽しみな「ゆいゆい」です!

頑張ってください💖

Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ