日村勇紀

Sponsored Link


日村勇紀の『淫行疑惑』告発

お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、今から16年前の2002年に、当時16歳だった女性に飲酒を勧め、男女の関係となっていたといい、その女性からの告発が9月21日発売の「FRIDAY」に掲載された。記事の中で女性は「今でも許せません」と憤りを隠さない様子。

16年前に出会った当初は、名古屋に住んでいた女性だが、日村との交際が始まり、東京に引っ越したという。そして、当時下北沢のマンションに住んでいた日村の自宅に入り浸るようになったそうだ。だが、恋人ではなく肉体関係だけの付き合いに耐えかね帰郷。その後は、精神のバランスを崩し、入退院を繰り返しているという。

これらの証言とともに、女性の太腿に顔を寄せる日村の写真や、ツーショット写真が掲載されていた。

同誌の直撃取材に日村は、綾香さんについて「覚えてない」を繰り返したという。
「16年前とはいえ、一時期、肉体関係を重ねた女性を“覚えてない”とは失礼な話。突然の直撃に驚いたことを割り引いても人間性を疑います」

日村勇紀

しかし16年も前のことを何で今更

告発を取材した記者は「告発する女性の共通点」をこのように分析しています。

女性は、男女の関係になったことで“自分はこの人の恋人になった”と思っているのですが、男の方はいわゆる遊びで、きれいな別れ方でなかった場合がほとんどです。

世間では“お金目当て”という方もいるようですが、数万から数十万の謝礼です。それよりも“遊びで自分を抱いた”ことに対する怒りでお灸を据えたい気持ちになるんだと思います。
「恋愛は自由だが、相手を欲望解消の手段に使うと、手痛いしっぺ返しが待っているようだ」と分析します。

なぜ今更なのか・・・近年の「MeToo」の流れがあるために、告発に踏み切ったのかもしれません。
また高級マンションに住み、高級外車に乗って、幸せの絶頂にある様子が、度々マスコミに取り上げられています。これが女性の癇(かん)にさわったのでしょう。自分は、欲望のはけ口のような扱いを受けて、きっと、いまでも忘れられずにトラウマになっているのかもしれないのです。

日村勇紀ひむらゆうき

1972年5月14日生(46)
お笑いコンビバナナマンのメンバー、相方は設楽統(したらおさむ)
広島県東広島市黒瀬町生まれ、神奈川県相模原市育ち
身長172cm、体重70kg
妻はフリーアナウンサーの神田愛花
ホリプロコム所属

9月21日深夜の放送です。

そもそも時効だが

16年前の話であり、被害女性の出身地の愛知県では淫行条例が施行されていたものの公訴時効は3年です。
時効にはなっていますが、法律を犯していたことになりますので、イメージは悪いです。
しかも淫行ですから。ハレンチ罪は芸能界では命取りになりかねません。それは過去の例を見てもよくわかると思います。

Sponsored Link

20年前に女子高生と性的関係を持った男性教師が懲戒免職

今月12日のTOKYO MXの報道より

59歳の男性教諭は、1999年11月から2001年3月まで、当時勤務していた高校で担任をしていた女子生徒と合意の上、複数回の行為。

今年2月になって、女子生徒側から男性教諭に当時を振り返る電話があったことを受けて、教諭が現在勤めている高校の校長に打ち明け、問題が発覚したもの。

『いじめ問題』も含め、何かと世間の批判対象となっている教育委員会ですが、起死回生?の厳しい判断でした。

バナナマン日村 淫行疑惑浮上するも擁護高まる

9月21日に疑惑が報道され4日目ですが、もうバナナマン日村の関連記事はどこにも見当たりません。

◎ 日村は「FRIDAY」の取材に応じた上で、事務所を通じて謝罪コメントを同誌に送っている。

◎ フリーアナウンサーの妻・神田愛花もTwitterを更新して「この度は、夫に関する報道で皆様にご心配をお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。「これまで以上に皆様に笑いをお届けする事が出来るよう、わたくしも精一杯彼をサポートして参る所存です」と決意を明かしています。

ただ神田さんの実家は大変厳格な家庭で、特にお父様は最後までバナナマン日村との結婚を反対していたと聞いていたので気にはなっていました。

しかし、この夫婦  互いの悪趣味まで完全一致、似た者夫婦で好感度抜群なのです。

今までどうりわき目も触れず頑張ってもらいたい!

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ