高橋由美子

Sponsored Link


 3月14日付け 文春砲

高橋由美子は元正当派アイドルの女優だが、バラエティ番組で見せる「泥酔キャラ」でもお馴染み。
今年1月9日放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)では、普通ならば好感度を重要視するタレントが避けがちな恋愛事情も赤裸々に話して話題をさらっていた。

今の理想の男性像は「北大路欣也」で、「すごいファザコン」ゆえに「絶対譲れないのは10歳年上」。
番組ではここ5~6年は恋人がおらず「新橋や神田の行きつけの居酒屋で、常連のバツイチ男性に声を掛けたい」と話していたが、不倫だとしても恋人はいた、ということなのか。

3月14日「文春オンライン」が、女優の高橋由美子(44)が不倫中であり、不倫相手の妻が大変困っていると報じている。それによれば、高橋が1年ほど前から交際している40代男性は2軒の居酒屋を持つ実業家で妻と3歳の娘がいるという。

妻のA子さんは今年1月に「『高橋さんに告白を受け入れてもらったので、離婚の話を進めたい』と言われました。高橋さんから『奥様と話し合ってきてください』と言われたそうです」「高橋さんが私の家庭を壊したのだと思っています」と告発しています。

高橋由美子のプロフィール

高橋 由美子(たかはし ゆみこ)本名同じ
1974年1月7日生の44歳
身長       154 cm
血液型    A型
埼玉県さいたま市大宮区出身
所属事務所 ビッグアップル→ヒラタオフィス→東宝芸能→現在コニイ2018.4.30付解雇
実家は理容室

中学2年生の時にスカウトされて、ビックアップルに所属
アイドル雑誌「大海賊」と専属契約して看板モデルになる
「BOMB」など多数の雑誌に登場するようになり、マルチアイドルな活動を始める
1989年1月 テレビドラマ「冬の旅・女ひとり」で女優デビュー
1990年 シングル「Step by Step」でアイドル歌手としてもデビュー
1990年代前半に活躍し「20世紀最後の正統派アイドル」と評される

高橋由美子

1993年 ボクたちのドラマシリーズ『お願いダーリン!』でブレイク
1994年に主演したテレビドラマ「南くんの恋人」が話題を呼んで主題歌「友達でいいから」は初のオリコンチャートTOP10入りを果たし、約40万枚を売り上げるヒットとなった。

以降「チョコラBB」のCMや「ショムニ」シリーズでの個性的な演技で、清純派アイドルのイメージから脱却し、個性派女優へと転身していった。

なんと彼女は初恋の時から不倫だった

「高橋由美子の不倫」といえば、遡ること17年前、彼女みずから週刊誌にそれを語ったことがあった。2001年の夏、「週刊ポスト」(小学館)のインタビューに応じる形で、彼女は「初めての本物の恋は14歳年上の既婚男性でした」と明かしていたのだ。
すでに芸能界デビューして数年が経過していた17歳の頃に、コンサートスタッフだったその男性に惹かれて交際するようになり、22歳までの約5年間不倫関係にあったと振り返っていた。
仕事上の接点で知り合ったアイドル、しかも未成年と不倫関係になった相手男性にもかなり問題のある話しだが、ともかくも高橋由美子にはそんなふうに“ぶっちゃけ”た過去がある。今回の不倫報道についてもさほど驚きはないかもしれませんね。

“ラブホ不倫”の高橋由美子、所属事務所との契約終了

高橋由美子が4月30日で、所属事務所「コニイ」との契約を終了していたことが分かりました。

「コニイ」が同日、公式ホームページで公表!

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、弊社所属俳優・高橋由美子におきまして平成30年4月30日をもちまして専属マネジメント契約を終了しますことを報告申し上げます。弊社との契約は終了となりますが、引き続き高橋由美子への変わらぬご声援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

事務的に契約が終了したことを伝えた。


Sponsored Link

 

 

こちらの記事もどうぞ