Sponsored Link

3度目のグランドスラム制

第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が2年ぶりの全米オープン優勝を果たした。決勝で世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(31)=ベラルーシ=に逆転勝ち。

18年全米、19年全豪に続く4大大会3勝目は、女子の李娜(中国)を抜きアジア勢単独最多となった。全米の複数回優勝は史上12人目。優勝賞金300万ドル(約3億1800万円)を獲得し、世界ランクも9位から3位に戻った。

2018年の全米初優勝から、グランドスラム3度目の優勝となる今回の全米優勝。優勝記念特番では、今回の全米での激闘を、大坂本人や陣営のインタビューを織り交ぜ、WOWOWテニスアンバサダーの伊達公子さんらとともに振り返る。さらに、大坂が今後女子テニス界の“絶対女王”になるための道のりを探っていく。

新型コロナウイルスの影響で開催時期が変更となった全仏オープンテニスは27日に開幕する。今年最後のグランドスラムもWOWOWで連日生中継される。

<大坂なおみ選手 決勝後WOWOW独占インタビュー>

Q.今の気持ちは?
とてもハッピー。まだ現実とは思えないし、何が起こったか分からない状態だけど、
トロフィーが膝に乗っているので優勝したんでしょうね。

Q. 試合に関してあなたは1セット目、普段通りではなかったように見えました。やはり凄い緊張でしたか?
とても緊張していて足が動かなかった。試合が進むにつれてやっと慣れていきました。

Q.1セット目を取られて、自分に何と言い聞かせましたか?
もっと自分を追い込み、ポジティブな姿勢で行こうと言い聞かせました。
彼女があのレベルを維持するなら彼女が勝っても仕方ない、と思いました。

Q.コロナの自粛時間、黒人差別のデモ参加、前哨戦のボイコット、太ももの怪我・・・色んなことを経ての優勝でした。このジャーニーを振り返ってどんな思いですか?
毎日が新しい挑戦でした。ものすごい出来事だったと思う。1週間くらい経てば振り返って色々話せると思うけど、今は終わった決勝のことしか考えられません。

Q. 今回、テニスファンだけでなく、世界中の多くの人の心に感動を与えたと思います。あなたの優勝は世の中にどんなインパクトを与えたと思いますか?
コートに立てばテニス選手として戦うだけですが、自分の置かれた立場を利用できるなら、たとえ小さなメッセージでも発信したいと思いました。

大坂なおみのプロフィールと過去記事

『大坂なおみ 全豪制して世界1位に 決まった!スライスサーブ』

『日本人初の全米OP制覇の『大坂なおみ』二重国籍でも彼女日本人!?』

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ