蒼井優

ポルシェデートの蒼井優さんとは、石崎ひゅーいとは

Sponsored Link

井 優 (あおい ゆう、本名:夏井優) は1985年8月17日生まれの33歳、女優、モデル
福岡県出身
イトーカンパニー所属
身長160cm 血液型 A型

蒼井優

堀越高校⇒日本大学芸術学部演劇学科中退
小学生の頃から地元のモデル事務所に所属してCMや広告に出演 1999年、1万人の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビュー
同年夏オーディション情報誌『月刊デ・ビュー』(オリコン・エンタテインメント刊)の「夏の特別オーディション」企画に掲載されていたタレント募集の中から2005年、7本の映画出演作が公開され『ニライカナイからの手紙』で単独初主演

2006年度 映画『フラガール』などでの演技が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、数多くの映画賞を総なめにした。
2010年 『龍馬伝』NHK)のヒロインの一人、役で大河ドラマに初出演
蒼井優さんのお母さんは大阪出身で娘を宝塚歌劇団に入れることが夢だったらしく、新潮社「ニコラ」では、夏井優という本名で読者モデルオーディションに応募する
すぐに現在の事務所に所属することとなり、蒼井優としてモデル活動を始めるが
本人は、東京に遊びに来る理由が欲しくて、女優業を始めたそうです。

蒼井優

サウンドハウス


蒼井優さんフライデーされる

2017年2月3日発売のフライデーで蒼井優さんとシンガー・ソングライターの石崎ひゅーいさんがポルシェで密会しているところをスクープされました
お二は 去年の12月3日から公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』で共演し、一気に距離が縮まっていったそう

アズミ・ハルコは行方不明
アズミ・ハルコは行方不明

去年の10月に女性セブンで深夜のファミレスデート&お泊りが報じられたばかりですが、今回のフライデーの報道で二人の熱愛は本当だったと証明されたんじゃないでしょうか

石崎ひゅーいさんの”ひゅーい”って独特な名前ですよね?実はコレ、本名だそうです。彼の母親がデヴィッド・ボウイのファンだったらしく、ボウイの息子・ゾーイ(Zowie)をもじってひゅーい(Huwie)と名付けたそうです。
出身は茨城県水戸市で1984年3月7日生まれの32歳。お母様の血を引いたのか、現在はシンガー・ソングライターとして活動しており、2016年5月にリリースした2ndフルアルバム「花瓶の花」のミュージック・ビデオに今回熱愛騒動になった蒼井優さんも出演しています

フライデーが石崎ひゅーいさんと蒼井優さんを目撃したのは、2017年1月中旬の代官山でした。レンタルビデオ屋の前に停まった一台の白のポルシェには蒼井優さんと石崎ひゅーいさんの姿が。
くわえタバコでハンドルを握っている蒼井優さんを残し、助手席から降りた石崎ひゅーいさんが店内へ足早に入っていきます。おそらく借りていたCDやDVDを返却するのでしょうか。
待っている蒼井優さんは、周囲を警戒してかニット帽を深くかぶり白いマスクをし、運転席に身を沈めています
これまでから肉食系・魔性の女と称されていた蒼井さん、これまでも数々の熱愛スキャンダルをメディアが取り上げてきました。なので相当ガードが厳しくなっていたのでしょう。
(ちなみに吸っているタバコはマルボロメンソールの12mgだそうWW)

もう年齢も年齢ですし、そろそろ落ち着かれても良いんじゃないでしょうか(笑)

現在も新作映画が目白押しの蒼井さん

『家族はつらいよ2』2017年5月27日公開予定) – 間宮憲子 役

家族はつらいよ2
家族はつらいよ2

『東京喰種トーキョーグール』2017年夏公開予定) – 神代利世 役

東京喰種トーキョーグール
東京喰種トーキョーグール

『彼女がその名を知らない鳥たち』2017年秋公開予定) – 主演・十和子 役

彼女がその名を知らない鳥たち
彼女がその名を知らない鳥たち

沼田まほかるのミステリー小説の映画化

今や公私とも絶好調の蒼井優さん!
また楽しい映画で楽しませてください❣❣

蒼井優さん ご結婚おめでとうございます!

お笑いコンビ、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太(42)と女優蒼井優(33)が、今月3日に結婚していたことが分かった。
。2人は5日夜、都内のホテルで記者会見を開き、報道陣を前に改めて入籍を報告した。

二人が知り合ったきっかけは、山里の相方のしずちゃんこと山崎静代(40)が06年に映画「フラガール」で蒼井と共演したこと。山崎と蒼井が親友になり、山崎を通じて一緒に食事をする仲になった。

また二人の共通点に“アンジュルム愛”も

蒼井はテレビでハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」好きを公言。
一方 山里は先月13日、自身のツイッターで「アンジュルム…とんでもないグループが… とにかく面白い、地球上最可憐の河童に翻弄されたり、最強の丸のマシンガントーク、私も引きずりこまれた・・・いやぁ、いいものを見た!」と絶賛していた。

※ 関連記事:”ドルオタ” 蒼井優が100%箱推しの『アンジュルム』に涙する!

山ちゃんのプロフィールも

山里 亮太(やまさと りょうた、1977年4月14日 – )は、日本のお笑いタレント、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。
お笑いコンビ南海キャンディーズのツッコミ担当。愛称および別名義は「山ちゃん(やまちゃん)」、過去の別名義は「山里(やまさと)」(「来歴」節も参照)。
千葉県千葉市花見川区出身。相方は、“しずちゃん”こと山崎静代
関西大学文学部教育学科卒業。専攻は心理学。学位(文学士)。
身長178cm、体重80kg。血液型AB型。妻は女優の蒼井優

千葉市立さつきが丘中学校千葉経済大学附属高等学校卒業。
高校3年で女性からモテたいという動機で芸人を志し、親に内緒で吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校に入るための理由付けで、関西方面での進学を希望するが、両親に反対される。幾度の話し合いを経て、両親が関西の親戚に聞いて有名な大学として了承を得て、1浪した後に関西大学に入った。
中学、高校、大学と10年間、部活動、サークルでバスケットボールを続けたが、万年補欠。
関西大学3年から入学したNSC大阪校22期生。
ピン芸人「イタリア人」としての活動を経て、山崎静代と南海キャンディーズを結成、現在に至る。

会見では終始 山ちゃんが優さんを気遣い男らしく振舞ってカッコよかったです。
心に響いたのは、優さんが「結婚指輪はいらない、それより二人で作る思い出が欲しい」ということで二人で旅行に行くことにした。
また「二人の金銭感覚が非常に似通っていた」とか「冷蔵庫を開けたら、すぐに閉めるところが好き」とか「料理が抜群に上手い」「エビの背ワタを取る包丁さばきに見惚れた」といった、何気ない日常の、しかし男にとって外せない事柄ばかりでした。

本当に『山ちゃんやったね!』と叫びたくなりました。

いつまでもお幸せにと祈ります。

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ