Sponsored Link


『なつぞら』千遥役は清原香耶に決定

(マイナビニュースより引用)

NHK朝ドラ『なつぞら』で広瀬すず演じるなつの生き別れた妹・千遥(ちはる)がようやく登場!  演じたのは、同じ朝ドラ『あさが来た』で鮮烈な女優デビューを果たし、『ちはやふる -結び-』で、広瀬すずとも共演したあの清原果耶(きよはらかや)(17)だった。
事前に出演告知も無く、前週の予告編にもはっきりと登場せず、ネットでもかなりざわついていただけに、若手実力派女優である清原の初登場シーンは大いに話題を呼びました。

清原は、映画『3月のライオン』シリーズのフレッシュな役柄から、昨年の初主演ドラマ『透明なゆりかご』や、山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』などの陰影のある難役まで、確かな演技力を見せてきた成長著しい17歳の注目株です。

※ 清原果耶さんのプロフィールは別記事をご参照ください。

再び朝ドラに出演した感想は?

私にとって女優デビュー作である『あさが来た』は、私の芝居人生を大きく動かしてくれた存在です。そこで、お芝居の難しさや楽しさを知りましたし、1つの作品をいろんな人の協力で作り上げていくことへのやりがいも感じました。だから、朝ドラにまた出演できたことは、純粋にとても嬉しいです。千遥役ということで、何か物語を動かせる存在になれたらいいなと思いながら、丁寧にお芝居を作り上げていきたいと思っています。

これまでの放送回は観ていましたか?

役作りの参考のために千遥の幼少期のシーンを少し観ただけで、あとは観ていないんです。実際になつや咲太郎がこれまでどういう表情をしてどんな生き方をしてきたのかを、私自身も詳しく知らないほうが、千遥としてよりピュアに生きられるんじゃないかと思ったからです。

千遥役にはどんなふうにアプローチしていったのですか?

千遥は壮絶な人生を生きてきた女の子ですが、悲観的な部分が目立ちすぎるのは、存在意義として違う気がしたので、監督にも相談しながら、声のトーンや動き方、目線の配り方は、あまり落としすぎないようにしました。かわいそうに見えすぎるというのも違うと思ったので。千遥にもいろんなバックボーンがあるから、その流れをちゃんと踏み外さないように、演じようと思いました。

『ちはやふる -結び-』でも共演した広瀬さんの印象について

すずちゃんは、相談にのってくれるお姉ちゃんという感じです。最初に『ちはやふる』でお会いした時も、前2作があったなかで、すずちゃんたちキャストのみなさんがその輪に引き入れてくださった。今回もそうですが、頼りにしてしまう力強いお姉ちゃんという印象です。私が『Seventeen』の専属モデルになった時も「おめでとう」と連絡をくれました。だからこそ、すずちゃんの妹役を演じるということで頑張らなきゃなと思いました。

広瀬さんとは撮影現場では会わないようにされていたとか?

はい。スタッフのみなさんに配慮してもらいました。やはりなつと再会するシーンを撮る前に会ってしまうと、そのシーンの臨場感が薄れてしまうと思ったので。もちろん、すずちゃんをテレビで観ちゃったりするのは仕方がないことですが(笑)、千遥を演じるために現場でも配慮していただきました。

今回、改めて感じた、朝ドラの現場の魅力を教えてください。

やはりチームとかファミリーとか、そういう空気が現場にあると思いました。それはキャストだけではなく、スタッフさんも一丸となって、この作品に取り組んでいる力の強さがすごく伝わってきました。私も負けないように、そして邪魔をしないように、千遥として存在できたらいいなと思っています。

「精霊の守り人」や「透明なゆりかご」に続いてまた難しい役に挑戦されます。
若干17歳の少女なのに、インタビューの対応も大人以上にしっかりされています。
大阪ミナミの出身で浪花女の度性根を感じます!
これからも頑張ってほしい女優さんです!

Sponsored Link

 

こちらの記事もどうぞ