Sponsored Link

木村花さん母・響子さん「楽しく元気な花を心に置いてあげてください」

女子プロレスラーとして活躍してきた木村花さんが、2020年5月23日にお亡くなりになりました。
心からご冥福をお祈りいたします。

5月23日金曜日未明。東京・江東区の亀戸駅から徒歩数分、今春から入居募集が始まったばかりの新築マンションで事件は起きた。変わり果てた姿でマンションの一室から運び出されたのは、女子プロレス団体「スターダム」に所属し、看板レスラーとして活躍していた木村花さん(享年22)だった。

木村花のお母様は木村響子さんで、25歳で国内プロレスデビューしたプロレスラーです。
お母様の木村響子さんは、アジア放浪中にインドネシア人と交際、妊娠。そのときの子が木村花さんです。
つまり、木村花さんは、日本人とインドネシア人のハーフというわけです。
木村響子さんはシングルマザーとして木村花さん育てながらプロレスデビューされました。
そんなお母様のもとで育った花さんは、17歳のときにWRESTLE-1が設立したプロレス専門学校「プロレス総合学院」に1期生として入学しプロレスラーとしてデビューしました。
その後プロレス学校を卒業し、ACE所属してとして女子の各団体に参戦。
スターダムでは大江戸隊の一員で悪の華として活躍します。
18年2月にWRESTLE-1所属となります。
2020年10月22日に配信された恋愛リアリティショー「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の第20話から、テラスハウスの新メンバーとして加入。

「テラスハウス」はひとつ屋根の下で共同生活する若い男女6人に密着する番組で、中高生を中心に熱狂的な支持を集めている。
テラスハウスにスポーツウーマンが参加したのは史上初で、配信当初からかなり注目を浴びていました。
また花さんは保護猫を引き取って育てていたとのこと。

コスチューム事件で「マジでテラハから出てけ!」投稿

特に酷く書かれたのは、3月31日の出演シーンです。花さんは、試合で使用する大切なコスチュームを誤って洗濯機で洗ってしまった男性共演者に激怒した。その対応について、花さんのSNSに1日100件近く心無い書き込みが殺到しました。
エスカレートする誹謗中傷に、死亡当日の未明、木村さんはツイッターでリストカットしたと思しき血だらけの手首の写真とともに、こう綴っている。
《毎日100件近く率直な意見。傷付いたのは否定できなかったから。死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。お母さん産んでくれてありがとう。愛されたかった人生でした。側で支えてくれたみんなありがとう。大好きです。弱い私でごめんなさい。》
同日のインスタグラムでは、愛猫と一緒に写った自撮り写真とともに、《愛している、楽しく長生きしてね。ごめんね。》というメッセージを残している。
「テラスハウス」は、木村さんの急死を受けて直近の配信休止を発表した。同番組はこれまでも出演者による不祥事や、やらせ疑惑などの問題がたびたび取り沙汰されている。SNSの誹謗中傷のきっかけが番組側の演出にあったのだとすれば、その対応に問題はなかったのか——。

テラハ動画

テラスハウス・木村花炎上のきっかけとなった「コスチューム洗濯事件」

花、凌に断られた夜の続き…「もうテラスハウス出なよ」

愛華&凌 2人きりの夜再び…「一緒に寝る?」

花「社長、絶対胸触るよ?」

「セックスはパッションでしょ!」ビビが放つ一言に志遠は…


Sponsored Link

投稿より

テラスハウスの場合、愚民にリテラシーがないのを利用して作り物のドラマをリアルと勘違いさせて視聴率を稼ごうという卑劣な方針がフジテレビによって取られたのです。
ただ、右翼だ左翼だと言った『二者択一思考』『十把一絡げ思考』のように、極端な単純化思考、あるいは自分の気に入った思想以外は偏向呼ばわりする前頭葉の劣った思考をする愚民も問題です。
そもそも、こんな生々しい現場をリアルで収録したなら、番組の尺におさまらないでしょう。

ウルトラマンや仮面ライダーを見て、幼稚園児はリアルだと思い、小学校高学年ぐらいになると、作り物だと分かって楽しみますよね?
だから、テラスハウスをリアルだと思って見ていた人は幼稚園レベルなんです。
今回は、ヤラセドラマを真に受けた人たちが、脅迫じみた誹謗中傷をしたのです。

この番組は100%ヤラセだし、出演者に責任はないでしょう。
プロレスは悪役になると、芸能番組でも悪役的なキャラ設定がしばしば行われますよね。
プロレスも芸能人絡みのドキュメンタリーもヤラセって常識じゃなかったですか?

洗濯機に勝手に洗濯物を忘れて、それに気づかず洗濯と乾燥機にかけてしまった方がなぜ悪くなるのか?
この女の方がよっぽど常識がなく、子供じみていて番組を見ていてすごく腹が立った。
自分に落ち度はなかったのか、それを考えることもなくただただバッシングに耐えられなくなったのならそれはあまりに未熟。
いくらバッシングされたからといってそれでじゃあ死にますと言うのはあまりに自分を大事にできていない。
この男性は番組の中で潔くきちんと謝っているのにそれをしつこくしつこく責めたり、陰口を叩かかれてその後嫌な思いを背負って生きていく方がかわいそうである。
自殺、これは誰にも止められないから自業自得と言わざるを得ない。


多くのタレントがこの事件のコメントを書き込んでいるように、この種の番組では厳しい投稿も覚悟のうえで臨んでいかなければならない。
彼女の場合はプロレスファン拡散の一助になればと無理をして参加した向きもあるようだが。
また番組制作のモラルについて厳しく批判されているが、判断できる大人であれば、見たくない番組は見る必要はない。

私自身も趣味と娯楽を兼ねてTwitterをやり出し現在3万件余りのフォロワーさんと意見交換を交わしますが、バッシングはほとんど無かったです。
40年以上金融機関で営業し、毎日毎日初対面の人々と命の次に大事なお金や日々の生活について話す中には、様々な考え方の人がいるのですが、苦悩を前にして命を絶ってしまわれる方がいるのは非常に残念なことだと思います。


発見直後の「異臭、警報、心臓マッサージ」

彼女の死因についてはまだ開示されていませんが、消防士の発言『硫化水素』及び『複数の洗剤を購入』から現在急激に増加している硫化水素による自殺ではないかといわれています。

家庭用漂白剤(次亜塩素酸塩)と酸性洗剤からは塩素ガスが出ますが、硫化水素は出ません。
硫化水素で問題になったのは、酸性洗剤と、硫化物を含んだ入浴剤の組み合わせです。
四国の主婦が中毒死した事より1980年代にこの入浴剤は発売中止になってしまいました。
硫化物は金属を侵すので、洗剤等には使いません。

また別記事には、
アルカリ性塩素洗剤(漂泊剤)と酸性トイレ洗剤を混ぜる。それは簡単に化学反応して有毒の硫化水素が発生するので、自殺者がよく使う手です。

と、まちまちです。
ただどちらが正しいかについては、あまり興味がありません。

Sponsored Link

 

 

こちらの記事もどうぞ