高槻ジャズストリート

Sponsored Link


【日本最大級の手づくり音楽イベント】

「高槻を、音楽があふれる楽しいまちにしよう!」という思いから、1999年に始まった「高槻ジャズストリート」

毎年ゴールデンウィークの2日間開催し、第21回を迎えました。
今年からはお隣の茨木市と合同での開催です。

高槻ジャズストリート:5月3日・4日 80ブース
茨木音楽祭:5月4日・5日 20ブース

国内外から集まった延べ4000人のミュージシャン・800を超えるバンドによるライブで盛り上がります。

みんなに楽しんでほしいから、すべての会場が入場無料!の日本最大級手づくり音楽イベントです。
高槻ジャズストリートの最大の特徴は、すべてをボランティアで企画・運営していること。
学生から高齢者まで、商店主・会社員・主婦など様々な人たちが集まります。ボランティア による実行委員会で、イベントの発案に始まり、資金集め・ミュージシャンへの出演交渉、 このガイドブックもボランティアが作っています。

開催当日は会場の運営や交通 整理、Tシャツの販売・ECOブースでのゴミの分別までボランティアがやっています。
当日 の飛び込みボランティアも大歓迎です!

これからも多くの人たちに楽しんでもらえる開かれたイベントをつくっていきたい。でも、 イベントの規模が大きくなると、その運営資金もどうしても大きなものとなってしまいます。 そこで、毎年デザインを公募して作成しているTシャツ、通称「ジャズT」を記念に買って 頂けたら大変うれしいのです。
このTシャツの売り上げはジャズストの運営資金になります。 言ってみれば「2000円のご寄附で、Tシャツ1枚プレゼント」という仕組み。皆様のご協力 を心よりお願いいたします!としているが、私は初回から参加してまだ一度も買ったことがないので申し訳ないです・・・ 😳

(私はKOЯNのTシャツ・・・)


今年から帽子・タオルも追加されたようです。

高槻市内に設けられた市民会館を始め公社・学校・校庭・商店街の共同施設・ジャズ喫茶・ライブハウス・駅前広場・デパート等のブースに国内外のアーティスト4000名以上が集まって繰り広げる祭典はなかなか全てを見尽くすのは無理ですが、ブース間は無料の市バスを利用して、自分の好きなジャンルを追いかけるのも楽しみです。

『高槻鯉のぼりフェスタ』

子供が小さいうちは、ジャズ・フェスをゆっくり見させてもらえなかったのですが、時期を同じくして高槻芥川の河川敷では『高槻鯉のぼりフェスタ』が開催されていて、沢山の出店で賑わい子供も大喜びです。
近くにお住まいの方がいらっしゃれば、是非 御運び下さい!

高槻鯉のぼりフェスタ

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ